池田仲建

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田 仲建
時代 江戸時代後期(幕末
生誕 天保12年10月18日1841年11月30日
死没 元治元年6月27日1864年7月30日
改名 裕之進(幼名)、仲立(初名)→仲建
戒名 良徳院仁山義桁
墓所 鳥取県鳥取市国府町奥谷の池田家墓所
官位 従五位下、左近将監、伊勢
幕府 江戸幕府
因幡国鹿奴藩
氏族 池田氏
父母 父:池田仲律、母:清水氏
兄弟 慶行仲建、整子(池田慶栄室)
詮子(池田源室)、千世子(津軽承叙室)
正室:池田仲諟の娘・映子
養子:徳澄
テンプレートを表示

池田 仲建(いけだ なかたつ)は、因幡鹿奴藩(鳥取東館新田藩)の第9代藩主。

生涯[編集]

天保12年(1841年)10月18日、第8代藩主・池田仲律の三男として江戸で生まれる。嘉永3年(1850年)に父が死去したため家督を継いだ。安政2年(1855年)12月16日、従五位下・左近将監に叙任される。安政4年(1857年)9月に伊勢守に遷任された。

幕末期は本家の鳥取藩の補佐に尽力し、幕府に対する公役においても功績を挙げたため、元治元年(1864年)5月には幕府から従五位上に奏請されるが固辞した。6月、本家の鳥取藩主・池田慶徳京都出兵をめぐって対立する。仲建は鳥取藩の藩財政が窮乏し、諸外国に対する防備もあるために出兵に反対したが、慶徳は受け入れなかった。6月27日の深夜、仲建は諫止するために自害して果てた。享年24。

このため鹿奴藩は一時的に断絶し、元治2年(1865年)4月4日に仲建の養子となった従弟の徳澄が跡を継ぐことになった。