池田治恕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田治恕
時代 江戸時代中期
生誕 明和2年(1765年
死没 天明元年(1781年
改名 安次郎、鶴五郎(幼名)、治恕
戒名 孝得院殿本然自性大居士
官位 従四位下侍従右衛門督
因幡鳥取藩世嗣
氏族 池田氏(忠継流)
父母 池田重寛
兄弟 治恕治道澄時仲雅、絲子、本姫
テンプレートを表示

池田 治恕(いけだ はるゆき)は、江戸時代中期の因幡国鳥取藩の世嗣。官位従四位下侍従右衛門督

略歴[編集]

5代藩主・池田重寛の長男として誕生。幼名は安次郎、鶴五郎。

安永7年(1778年徳川家治に拝謁し叙任するも、家督を相続することなく天明元年(1781年)に死去した。享年17。法名は孝得院殿本然自性大居士。

代わって弟・治道が嫡子となった。