牧野氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

牧野氏(まきのし)は、日本の氏族。さまざまな系統がある。

  1. 吾妻鏡』に見える牧野氏 - 牧野太郎兵尉とその一族。
  2. 仙台藩士牧野氏 - 源姓。仙台藩主伊達氏の宿老。陸奥国守護代となった牧野久仲中野宗時の子)が有名。惣領家は元亀慶安と二度の改易を経るも仙台藩士として存続した(惣領家500石、竹谷牧野家435石)。仙台藩には久仲系牧野氏の他にも、伊達忠宗正室・孝勝院に随って仙台藩に仕えた牧野与右衛門(源姓)の家系などがある。
  3. 棚倉藩士牧野氏 - 陸奥国棚倉藩小笠原家重臣。
  4. 信濃牧野氏 - 信濃国発祥の源姓牧野氏。
  5. 小諸藩士牧野氏 - 信濃国小諸藩牧野家重臣(城代家老・上席家老)の牧野氏。上席家老牧野康那。斬刑に処された城代家老牧野八郎左衛門成道など。
  6. 田中藩士牧野氏 - 駿河国田中藩主本多家重臣。
  7. 三河牧野氏 - 鎌倉時代宝飯郡牧野村(豊川市牧野町)に土着し室町、戦国期に宝飯郡から、八名郡渥美郡の一部に進出した牧野氏。牛久保城主・吉田城(今橋城)主など。
  8. 近世大名牧野氏 - 前記の三河国牧野氏の一系統が、徳川家康に臣従して、譜代大名・幕臣(旗本)となったもの。譜代大名として、越後国長岡藩主、信濃国小諸藩主、常陸国笠間藩主、越後国三根山藩主、丹後国田辺藩主の牧野氏がある。
  9. 越後長岡藩士牧野氏 - 越後国長岡藩家老の牧野氏。本姓山本氏・本姓松井氏がある。
  10. 越前牧野氏 - 越前国藤原氏利仁流斎藤氏族。加賀斎藤氏・弘岡斎藤氏とも呼ばれる。堀氏富樫氏坪内氏(富樫氏の系統。尾張富樫氏とも)林氏豊田氏(林氏の系統)等々が分岐した。
  11. 尾張牧野氏 - 尾張国愛知郡牧野(名古屋市中村区牧野)を発祥とする牧野氏は尾張稲麿を祖とする大宮司家支流の牧野氏で成海神社神官を世襲。本姓は尾張氏。ほかに、尾張国知多郡大野村に移住した牧野氏もある。三河国渥美郡吉田城(今橋城、豊橋市)城主であった牧野氏の子孫が吉田城落城の際に落ち延びたもの。田口姓を称す。(詳細→ 牧野信成
  12. 紀伊牧野氏 ; 紀伊国伊都郡官省符荘荘園)発祥の牧野氏。
  13. 紀州藩士牧野氏 - 徳川御三家の一つ紀州徳川家の家臣。三河国牛久保城主の牧野氏の同族異流。(参照→牧野筑意)。ほかに初代藩主徳川頼宣の時、改易断絶した家老牧野長虎の牧野氏もある。長虎は牧野信成 (関宿藩主) の弟山成(たかしげ)の子孫で初代山成の時越前松平家から紀州徳川家に転属した。
  14. 田辺藩士牧野氏 - 丹後国田辺藩主牧野家重臣。
  15. マキノ家 - 幕末明治維新期の京都で娘義太夫師であった竹本弥奈太夫こと牧野彌奈の子孫で日本の映画草創期を切り開いた牧野省三とその一家。
  16. 大和国の源姓牧野氏 - 同国宇智郡牧野邑(現:奈良県五條市中之町)発祥の清和源氏宇野氏の族の牧野氏。真木野氏・槇野氏とも表記され、真木氏・槇氏にも共通するという。
  17. 芝村藩士牧野氏 - 織田家用人
  18. 美作牧野氏 - 美作国大庭郡湯本城主。
  19. 岡山藩士牧野氏 - 備前国岡山藩池田家重臣。岡山藩士牧野氏には異なる3系統があり1系統が重臣に列した。この家は尾張牧野氏(牧野信成)の末裔であり、牧野成憲はこの家系である。
  20. 肥後牧野氏 - 肥後国菊池氏西郷氏と同族。
  21. 薩摩国の牧野氏 - 大久保氏の縁族で鹿児島出身の重臣牧野伸顕の一族。牧野伸顕の実父は大久保利通であるが親族の牧野惟数(吉之丞・戊辰戦争で戦死)の養子となって牧野に改姓した。