松平光領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 光領(まつだいら みつおさ、文化14年4月22日1817年6月6日) - 天保12年6月24日1841年8月10日))は、信濃国松本藩戸田松平家の嫡子。7代藩主松平光年の四男。正室は蜂須賀治昭の娘。官名は主膳正。初名は光直。通称は広五郎、広助、広之助。

文政6年(1823年)8月24日、松平光庸の養子となる。父・光年は6代藩主・松平光悌の四男で養子の光庸に家督を譲ったため、光庸の養子となる。文政10年11月15日、将軍徳川家斉に拝謁する。天保8年(1837年)12月16日、従五位下主膳正に叙任する。しかし、家督相続前の天保12年に早世した。代わって、光庸の三男の光則が嫡子となった。