松平光庸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平光庸
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 寛政10年6月26日1798年8月8日
死没 明治11年(1878年10月4日
改名 起之進(幼名)→松平光庸→戸田光庸
別名 左京、主馬(通称)、尤香斎(号)
墓所 東京都豊島区駒込染井霊園
官位 従五位下、弾正少弼、丹波
幕府 江戸幕府
信濃松本藩
氏族 戸田松平家→戸田氏
父母 父:松平光行、母:錠姫(松平光悌の娘)
養父:松平光年
正室:伊保子久世広誉の娘)
小笠原長国光則内藤政恒
戸田光芬(四男)、戸田光遠
野々山義比(六男)、康載
貞(安藤直裕正室)、
孝(島津忠寛継室のち九鬼隆備正室)
養子:光領
テンプレートを表示

松平 光庸(まつだいら みつつね)は、信濃松本藩の第8代藩主。戸田松平家13代。

生涯[編集]

寛政10年(1798年)、松本藩6代藩主・松平光行の三男として生まれる。文政2年(1819年)7月8日、7代藩主・松平光年の養子となる。同年9月1日、将軍徳川家斉に拝謁する。文政3年12月16日(1821年)、従五位下・弾正少弼に叙任する。天保8年(1837年)3月30日、光年の死去により家督を相続した。

文化13年(1816年)、産物会所を設置して領内の産業を奨励した。 天保12年(1841年)、藩の財政改革を巡って譜代家臣と新参家臣が対立し、お家騒動(戸田図書事件)が起こる。弘化2年(1845年)10月22日、家督を次男の光則に譲り、隠居して尤香斎と称する。明治5年(1872年)2月5日、東京に移住する。明治11年(1878年)、葛飾郡須崎村の邸宅で死去した。