久世広誉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
久世 広誉
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 寛延4年2月29日1751年3月26日
死没 文政4年3月8日1821年4月10日
改名 勝之助(幼名)、広敦(初名)→広誉
戒名 隆光院殿昌徳日統
墓所 東京都豊島区巣鴨本妙寺
官位 従五位下、隠岐守、大和
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
下総関宿藩
氏族 久世氏
父母 父:久世広明、母:岡部長著の娘
兄弟 広誉広備長谷川勝孚土井利豊広才鈴木重逵松平広徳広侶
正室:松平武元の七女・泰
綏之土井利器、娘(秋田謐季正室)、娘(安藤信馨正室)、娘(戸田光庸正室)
養子:広運

久世 広誉(くぜ ひろやす)は、下総関宿藩の第5代藩主。関宿藩久世家5代。

生涯[編集]

寛延4年(1751年)、第4代主・久世広明の長男として生まれる。明和2年(1765年)6月1日、将軍徳川家治に拝謁する。同年12月18日に従五位下・隠岐守に叙位・任官する。明和6年10月1日、雁の間詰めを命じられる。天明5年(1785年)3月10日、父広明の死去により、家督を継いだ。同年8月15日、初めてお国入りする許可を得る。天明7年10月28日、相模国などの領地を常陸国内などに移される。

寛政7年(1795年)、名を広敦から広誉と改名し、3月13日に大和守に遷任する。文化7年(1810年)12月16日、従四位下に昇進する。文化14年(1817年)11月7日、病気を理由に家督を嫡孫で養子広運に譲って隠居する。文政4年(1821年)3月に死去した。享年71。