浅野長賢 (旗本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

浅野 長賢(あさの ながかた、寛永11年(1634年)- 貞享4年5月5日1687年6月14日))は、江戸時代前期の幕府旗本寄合赤穂藩浅野家の分家。

交代寄合松平清昌の末男として生まれる。伯母(叔母)の婚家である播州赤穂藩の藩主で、従兄の浅野長直の養子に入るが、実子長友の誕生により部屋住みに落とされた。承応元年7月26日1652年8月29日)には、将軍徳川家綱に初御目見する。寛文11年3月5日1671年4月14日)、長友から3500石を分与されたため、旗本の寄合に列した。貞享3年12月6日(1687年1月19日)の隠居により、その家督は養子の長武(赤穂浅野家家臣大石良重の子、母が浅野長直の娘)に譲った。貞享4年(1687年)に死去した。享年54。