浅野長照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅野 長照(あさの ながてる、慶安5年1月17日1652年2月26日) - 宝永2年11月15日1705年12月30日))は、第2代備後三次藩主。通称は長蔵(ながぞう)、官位は従五位下・式部少輔(しきぶしょうゆう)

父は安芸広島藩浅野光晟、母は前田利常の娘・満姫。兄に浅野綱晟浅野長尚。室は公家広幡忠幸の娘・園姫。

経歴[編集]

浅野光晟の三男として生まれる。寛文3年(1663年)9月1日、将軍徳川家綱に初御目見する。寛文6年(1666年)12月28日、従五位下式部少輔に叙任する。

その後、伯父である三次藩主浅野長治の養子となっていた次兄・長尚が長治に先立って死去したため、代わりに長治の養子となった。延宝3年(1675年)1月に長治が死去し、3月23日に家督を相続した。

延宝4年(1676年)4月11日にはじめて領地三次に入る。天和元年(1681年)6月25日には越後高田藩松平光長の家臣・本多八大夫を預かった。子ができなかったため、天和2年(1682年)8月6日、長兄の前広島藩主・綱晟の次男(藩主綱長の弟)長澄を養子に迎えた。元禄4年(1691年)12月2日に隠居して長澄に家督を譲った。

なお、播磨赤穂藩浅野長矩の正室阿久里は、長照の養父・長治の娘であり、かつ長照の養女であるので、長矩は長照の娘婿にあたることになる。そのため元禄14年(1701年)3月15日には長矩の刃傷事件(赤穂事件)に連座して隠居の長照にも遠慮(江戸城登城禁止)処分が下された。

宝永2年(1705年)11月15日に死去した。享年54。貝塚の青松寺に葬られた。法名は壁龍禪梭騰雲院。