三次藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三次藩(みよしはん)は、広島藩支藩江戸時代中期まで備後国北部を領有した。藩庁として三次三次陣屋が置かれた。知行高は5万石。

概要[編集]

寛永9年(1632年)初代広島藩主・浅野長晟の庶子で長男の長治が三次郡・恵蘇郡を与えられ立藩した。享保4年(1719年)4月、4代・長経は13歳(幕府への届出上、実際には11歳)で没し一旦は広島藩領となったが、同年11月、長経の弟・長寔に相続が認められた。しかし、長寔も翌、享保5年(1720年)10歳(実際には8歳)で没したため廃藩となった。

歴代三次藩主[編集]

浅野家

5万石 (1632年 - 1720年)

  1. 長治
  2. 長照
  3. 長澄
  4. 長経
  5. 長寔