浅野長治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

浅野 長治(あさの ながはる、1614年5月4日慶長19年3月26日) - 1675年2月13日延宝3年1月19日))は、江戸時代前期の大名備後三次藩初代藩主。正室は常陸笠間藩浅野長重の娘。通称は又六郎(またろくろう)。官位は従五位下因幡守。

広島藩初代藩主浅野長晟庶長子として山城国に生まれる。元和5年(1619年)に将軍徳川秀忠御目見する。寛永7年(1630年)に従五位下因幡守に叙任された。

寛永9年(1632年)11月2日に父の遺領のうち備後国三次郡恵蘇郡に5万石を分けられ、三次藩を立藩してその初代藩主となる。11月6日に領地三次に入った。三次藩の基礎を築いた名君であった。

男子がなかったため、本家を継いだ弟・光晟の次男長尚明暦3年(1657年)に養子に迎え入れたが、まもなく死去したため、三男長照を新たに養子に迎えて家督を継がせた。また、娘に赤穂事件で有名な播磨赤穂藩浅野長矩の正室・阿久里がいる。

延宝3年(1675年)1月19日に死去した。墓所は広島県三次市にある鳳源寺のある比熊山城跡山麓。法名は俊岳了英鳳源院。

関連項目[編集]