土方寧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
土方寧
土方寧

土方 寧(ひじかた やすし、安政6年2月12日[1]1859年3月16日) – 昭和14年(1939年5月18日[2])は、貴族院勅選議員法学者。専門は民法学。帝国学士院会員。

経歴[編集]

土佐国高岡郡佐川村[1](現在の高知県高岡郡佐川町)に、土佐藩士土方直行の子として生まれる[3]1873年明治6年)より、東京英語学校開成学校、大学予備門で学んだ[1]1878年(明治11年)、東京大学法学部に入り、1882年(明治15年)に卒業した。

卒業後、文部省御用掛となり、翌年に東京大学法学部(のち東京帝国大学法科大学)助教授に任命された。また英吉利法律学校の創設発起人に名を連ね、講師も務めた[1]1887年(明治20年)よりイギリスミドル・テンプルに留学した。1891年に帰国した後は教授に昇進し[4]、また法学博士の学位を得た[1]1893年(明治26年)からは法典調査会の委員を務めた[3]1911年(明治44年)には法科大学長に就任し、1918年大正7年)まで務めた。

1922年(大正11年)に貴族院議員に勅選された[5]

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『日本博士全伝』P.82-84
  2. ^ 『官報』第3717号、昭和14年5月30日
  3. ^ a b c 『大正人名辞典』P.375
  4. ^ 『官報』第2351号、明治24年5月5日
  5. ^ 『貴族院要覧』
  6. ^ 『官報』第908号「叙任及辞令」1886年7月12日。
  7. ^ 『官報』第2545号「叙任及辞令」1891年12月22日。
  8. ^ 『官報』第4081号「叙任及辞令」1897年2月12日。
  9. ^ 『官報』第1219号「叙任及辞令」1916年8月22日。
  10. ^ 『官報』第5548号「叙任及辞令」1901年12月28日。
  11. ^ 『官報』第5964号「叙任及辞令」1903年5月22日。
  12. ^ 『官報』第3559号「叙任及辞令」1924年7月4日。

参考文献[編集]

  • 花房吉太郎・山本源太編『日本博士全伝』博文館、1892年。
  • 五十嵐栄吉『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  • 『貴族院要覧(丙) 昭和七年十二月』貴族院事務局、1932年。