京極高徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京極高徳

京極 高徳(きょうごく たかのり、安政5年11月5日1858年12月9日) - 昭和3年(1928年)5月21日)は明治時代から昭和時代初期の華族従五位子爵

人物[編集]

京極高岑の子で、叔父の讃岐国丸亀藩京極朗徹の養嗣子となる。幼名は久之助、久次郎。

妻は熊子(山内豊樹の娘)。子に久子、八重子(池田政時妻)、俊次郎、春子(稲田英昌妻)、多幾子(本多忠鋒妻)、高修 、茂子(川口義久妻)、政子(岡崎正雄妻)、高文、富子、定、三崎敦三崎亀之助養子)、松平譲(松平敏子養子)、豊子(入江為常妻) 。

来歴[編集]

華族学校に学び、青山御所、次いで東宮祗候を務め、明治15年(1882年)に養父が没し家督を継ぐ。明治17年(1884年)7月8日子爵に叙爵。明治23年(1890年)貴族院議員となった。

明治30年(1897年倶知安村ワッカタサップ番外地(現在の北海道虻田郡京極町)に農場を拓き、のちに町名の由来となった。昭和3年(1928年)71歳で死去。家督は高修が継いだ。

参考文献[編集]

  • 『日本史大辞典』(講談社)