京極高晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

京極 高晴(きょうごく たかはる、1938年1月18日 - )は、豊岡京極氏15代当主。

概要[編集]

1938年(昭和13年)、東京都渋谷区生まれ。1943年(昭和18年)、豊岡市に疎開。兵庫県立豊岡高等学校(1957年)、東京大学法学部(1961年)を卒業[1]日本郵船事業部長を経て、氷川丸マリンタワー社長、関東曳船社長などを歴任。

2009年6月15日から2013年1月18日まで靖国神社宮司を務めた。前任者の南部利昭に続いて神職経験のない宮司であった。

日本会議の代表委員も務める。

父の高光は杞陽の号を持つ俳人であり、高晴本人も俳句をたしなんでいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]