京極高景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京極高景像(常立寺蔵)

京極 高景(きょうごく たかかげ、文化8年11月29日1812年1月13日) - 文久3年7月20日1863年9月2日))は、丹後峰山藩の第10代藩主。肥前島原藩主・松平忠馮の六男。正室は牛久藩主・山口弘致の娘。子は高富(長男)。官位は従五位下、右近将監。幼名は滝之進。

先代藩主・高鎮天保5年(1834年)に死去したため、その養嗣子となって跡を継いだ。しかし天保の大飢饉で多数の餓死者を出し、さらに天保の改革で商業的な悪影響を受けるなどして、藩政は多難であった。嘉永2年(1849年)3月7日、長男・高富に家督を譲って隠居する。文久3年(1863年)7月20日、江戸で死去した。享年53。法号は成徳院行誉高景道完。墓所は京都府京丹後市峰山町吉原の安泰山常立寺。