京極高品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
京極 高品
Kyōgoku Takakazu(豊岡藩主).jpg
京極高品像
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 寛保元年7月18日1741年8月28日
死没 寛政4年7月6日1792年8月23日
改名 六丸(幼名)→高品
別名 甲斐入道(号)
諡号 大虎
戒名 賢明院殿馨誉徳翁道流大居士
墓所 兵庫県豊岡市三坂の瑞泰寺墓地
官位 従五位下、甲斐
幕府 江戸幕府
但馬豊岡藩
氏族 京極氏
父母 父:京極高永、母:細川興生の娘
兄弟 高品坂部成寿永武高大
正室:加納久堅の娘
養子:高大高有

京極 高品(きょうごく たかかず)は、但馬豊岡藩の第6代藩主。豊岡藩京極家8代。

寛保元年(1741年)7月18日、第5代藩主京極高永の長男として江戸麹町邸で生まれる。宝暦10年(1760年)に父が死去したため家督を継ぎ、宝暦11年(1761年)に従五位下、甲斐守に叙任する。同年から文武の奨励、倹約の徹底、礼儀の徹底などを中心とした藩政改革を行い、15ヵ条の触れを出し、藩士の贈収賄を取り締まって綱紀粛正を図り、緊縮財政政策を採用した。しかし、藩主・改革派と守旧派の確執が続き、重臣の脱藩や永蟄居などが相次いだ。

寛政元年(1789年)に正室と離別し、嗣子がなかったため、弟の高大を養子として迎えていたが、病弱であったために寛政2年(1790年)に廃嫡し、改めて峰山藩京極家から高有を養子として迎え、寛政3年(1791年)5月10日、「放心に付」であるとして隠居し、家督を高有に譲った。その後、剃髪して甲斐入道と号した。

寛政4年(1792年)7月6日、豊岡で死去した。享年52。