京極高規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

京極 高規 (きょうごく たかのり、寛永20年(1643年) - 宝永5年10月19日1708年11月30日))は、江戸時代前期の高家旗本丹後宮津藩京極高国の嫡男。生母は千菊姫。初名は高頼。通称は兵勝丸、采女、近江。官位は従四位下侍従、対馬守。

父が改易されなければ国持大名・宮津藩主だったはずの人物である。曽祖父は関ヶ原の戦いで大功を挙げ、徳川家康より丹後一国を与えられた京極高知である。

明暦元年(1655年)1月28日、将軍徳川家綱御目見する。明暦3年(1657年)12月27日、従四位下近江守に叙任する。後に対馬守に改める。寛文6年(1666年)5月3日、父高国の改易により、藤堂高次のもとに預けられる。扶助料3000俵を与えられる。延宝8年(1680年)9月2日、赦免されて、母方の実家伊達家の領地常陸竜崎に暮らす。

元禄3年(1690年)8月18日、幕府の旗本となり、蔵米2000俵を与えられ、寄合に所属する。元禄8年(1695年)12月15日、高家職に就き、18日侍従に任官する。元禄10年(1697年)7月26日、あらためて安房朝夷郡などで2000石を与えられる。元禄14年(1701年)、浅野長矩の刃傷事件に際し、その刀を奪い取ったのは自分だと主張をし、梶川頼照と論争を生んだ。宝永2年(1705年)7月25日辞職し、寄合に所属する。11月29日隠居し、養子高甫(実弟)に家督を譲る。宝永5年(1708年)10月19日死去、66歳。

正妻はいない。2男1女があり、その他に養子が2人いた。