森川俊民

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
森川俊民
時代 江戸時代後期
生誕 文化元年(1804年
※文化2年5月13日1805年6月10日)とも
死没 安政2年11月5日1855年12月13日
別名 万亀之助(幼名)、俊民
戒名 雄月院徳山含章
墓所 千葉県千葉市中央区の重俊院
官位 従五位下、弾正忠、紀伊守、出羽
幕府 江戸幕府 大番頭奏者番若年寄
下総生実藩
氏族 深溝松平家森川氏
父母 父:松平忠馮、養父:森川俊知
兄弟 井上正廬松平忠侯俊民
真田幸忠京極高景
正室:森川俊知の長女・登志
俊用俊位

森川 俊民(もりかわ としたみ)は、下総生実藩の第9代藩主。江戸幕府若年寄である。

生涯[編集]

文化元年(1804年)、肥前島原藩の第2代藩主・松平忠馮の八男として生まれる。文政11年(1828年)11月に生実藩の第8代藩主・森川俊知養子として迎えられ、文政12年(1829年)4月13日にはその長女・登志と結婚して婿養子となった。12月16日に従五位下・弾正忠に叙任される。天保9年(1838年)、俊知の死去により家督を継いだ。

天保12年(1841年)4月に日光祭祀奉行に任じられ、弘化3年(1846年)7月17日に大番頭に任じられる。嘉永元年(1848年)10月18日に奏者番に任じられ、嘉永5年(1852年)7月8日に若年寄に任じられ、出羽守に遷任する。安政2年(1855年)4月19日に若年寄の辞職を求めたが許されず、9月19日になって病気を理由に辞職を許され、直後の11月5日に死去した。享年52。

跡を三男の俊位が継いだ。

血筋[編集]

婿養子ながら、女系では森川氏の血を引く。

森川氏俊土屋忠直室―土屋数直土屋政直土屋陳直松平忠刻室―松平忠恕松平忠馮―森川俊民