京極高朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
京極 高朗
Kyōgoku Takaakira.jpg
京極高朗像(玄要寺蔵)
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 寛政10年4月24日1798年6月8日
死没 明治7年(1874年2月14日
改名 友三郎(幼名)→高朗
墓所 香川県丸亀市中府の玄要寺
官位 従五位下、長門
幕府 江戸幕府
讃岐丸亀藩
氏族 京極氏
父母 父:京極高中、母:山田氏
正室:さち子(立花鑑寿の娘)
継室:寿久(酒井忠道の娘)
豊子(京極高琢正室)、高美、鉦子(京極朗徹正室)
養子:朗徹

京極 高朗(きょうごく たかあきら)は、讃岐丸亀藩の第6代藩主。丸亀藩京極家8代。

生涯[編集]

寛政10年(1798年)4月24日、第5代藩主・京極高中の四男として江戸本邸で生まれる。寛政12年(1800年)3月21日、父高中の嫡子となる。文化8年(1811年)3月9日、父の死去により跡を継いだ。文化10年10月1日、将軍徳川家斉御目見する。同年12月16日、従五位下長門守に叙任している。

藩政においては高朗自身が文学的才能に秀でていたため、江戸藩邸に藩校集義館を開いた。弘化2年(1845年)には鳥居耀蔵を預かっている。しかし治世後期から、士民共に奢侈に走る傾向が見えたため、高朗は藩政再建のために加藤俊治らを登用して藩政改革を行ない、倹約と風紀を主とした10か条の法律制定や文教政策に力を注いだ。家臣に副業でのうちわ作りを推奨し、これが人気を博して、今日も香川県丸亀市の名産品となっている丸亀うちわの起こりとなったと一説にいう(高朗誕生以前の天明年間に始まったという説や、藩士の内職以外の説もある)。

嘉永3年(1850年)3月7日、婿養子の朗徹(従弟高周の五男)に家督を譲って隠居した。以後は明治維新の後まで丸亀にとどまり、明治7年(1874年)2月14日に同地にて死去した。享年77。

逸話[編集]

京極高朗は大の相撲好きで、参勤交代で江戸詰めの際に両国回向院で相撲見物をしていたが、熱狂的に観戦したため、大名にあるまじき行為として幕府に大名の相撲観戦を禁止された。しかし、あきらめきれなかった高朗は、家臣に御相撲方という役職を作り、回向院と藩邸を馬で往復させ相撲の実況を報告させた。これは今日のスポーツアナウンサーやレポーターがラジオで実況するように、言葉で状況を把握して擬似的な観戦をして楽しむものであった。

墓所[編集]

京極高朗の墓所
京極高朗の墓所
京極高朗の墓所