京極高鎮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京極高鎮像(常立寺蔵)

京極 高鎮(きょうごく たかつね、文化7年12月15日1811年1月9日)- 天保5年6月23日1834年7月29日))は、丹後国峰山藩の第9代藩主。第7代藩主・京極高備の七男。第8代藩主・京極高倍の弟。官位は不詳。

幼名は富五郎、篤吉、寅之助。天保4年(1833年)12月5日に兄で先代藩主の高倍が嗣子無くして死去したため、その跡を継いで翌天保5年(1834年)に藩主となった。しかし藩主に在職すること半年の同年6月23日に江戸にて死去した。享年25。嗣子が無く、跡を養子の高景が継いだ。