京極高行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
京極 高行
Kyōgoku Takayuki(豊岡藩主).jpg
京極高行像
時代 江戸時代後期
生誕 寛政6年6月16日1794年7月12日
死没 弘化4年9月29日1847年11月6日
改名 六丸(幼名)→高行
戒名 成義院殿泰誉伝習善道大居士
墓所 東京都文京区向丘の瑞泰寺
官位 従五位下、甲斐
幕府 江戸幕府
但馬豊岡藩
氏族 京極氏
父母 父:京極高有、母:脇坂安親の娘
正室:静子五島盛運の娘)
継室:永井直方の娘
継々室:佐多本多忠知の娘)
側室:古山氏
1男2女:高厚

京極 高行(きょうごく たかゆき)は、但馬豊岡藩の第8代藩主。豊岡藩京極家10代。

寛政6年(1794年)6月16日、第7代藩主京極高有の長男として江戸麹町邸で生まれる。天保2年(1831年)5月10日、父の隠居にともない家督を継いだ。天保4年(1833年)に藩校・稽古堂を創設し、天保12年(1841年)からは大坂加番となる。さらに天保の改革に倣って、家臣の知行削減やリストラなどの財政改革を行なった。

弘化4年(1847年)9月29日に江戸麹町邸で死去した。享年54。跡を長男の高厚が継いだ。