杉原重長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
杉原重長
時代 江戸時代前期
生誕 元和2年(1616年
死没 寛永21年10月28日1644年11月27日
別名 吉兵衛(通称)
戒名 悟空院殿覚全浄本大居士
墓所 東京都港区三田林泉寺
官位 従五位下伯耆守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光
但馬豊岡藩
氏族 杉原氏
父母 杉原長房浅野長政
兄弟 重長長俊北条氏重正室、
浅野長政養女、長晴院、堀親昌正室、
浅野長晟養女、竹中重常正室、
青山幸通継室、上田重安正室
小出吉親次女織田高長
杉原重玄正室、重玄
テンプレートを表示

杉原 重長(すぎはら しげなが)は、但馬国豊岡藩2代藩主。

生涯[編集]

元和2年(1616年)、江戸で初代藩主杉原長房の長男として生まれる。寛永6年(1629年)、父の死去により家督を継いだ。寛永21年(1644年)10月28日、29歳で死去する。

重長には娘が1人いるだけで男児がいなかったため、父・長房の外孫に当たる重玄交代寄合竹中重常の三男)を養嗣子に迎え、自分の一人娘を娶わせることで跡を継がせようとしたが、この末期養子は認められず、重長の死後、豊岡藩は2万石から1万石に減知された上で重玄の家督相続が認められた。

系譜[編集]