京極高以

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

京極 高以 (きょうごく たかゆき、安永6年(1777年) - 文化5年(1808年))は江戸時代高家旗本京極高厚の長男。生母は池田氏。通称は兵勝、兵庫助。官位は従五位下侍従・近江守。

天明元年(1781年)7月8日家督を相続する。寛政4年(1791年)12月1日将軍徳川家斉御目見する。文化4年(1807年)4月25日高家職に就き、従五位下侍従・近江守に叙任する。文化5年(1808年)3月23日辞職する。高家末席に列する。同年死去、32歳。

正妻は西郷員相の娘。