京極高中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
京極 高中
Kyōgoku Takanaka.jpg
京極高中像(丸亀市立資料館蔵)
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦4年3月23日1754年5月14日
死没 文化8年1月13日1811年2月6日
改名 栄吉(幼名)、高中
別名 高窮(別名)
戒名 大量院殿覚法道元大居士
墓所 滋賀県米原市清滝寺
官位 従五位下、能登守、若狭
幕府 江戸幕府
讃岐丸亀藩
氏族 京極氏
父母 父:京極高矩、母:久我子(露木氏)
兄弟 高治高中高教
正室:秋元凉朝の養女(秋田延季の娘)
高行(長男)、高朗、養女:遠山友寿

京極 高中(きょうごく たかなか)は、讃岐丸亀藩の第5代藩主。丸亀藩京極家7代。

略歴[編集]

宝暦4年(1754年)3月23日、第4代藩主・京極高矩の長男(次男との説もある)として江戸で生まれる。宝暦13年(1763年)に父が死去したため、家督を継ぐ。明和7年(1770年)12月16日に従五位下・能登守に叙位・任官する。

安永9年(1780年)、勘定奉行村井忠左衛門を登用して銀札を発行した。さらに備蓄米の法を制定し、窮民救済に努めた。また、儒者である渡辺半八を登用し、学問所である正明館を拡大して学問を奨励し、福島甚浦を建設して船舶の利便を図った。文化3年(1806年)に若狭守に遷任する。文化8年(1811年)1月13日に江戸屋敷で死去した。享年58。跡を四男・高朗が継いだ。