京極高賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
京極 高賢
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 安永5年6月20日1776年8月4日
死没 天保9年3月6日1838年3月31日
改名 秀松、内膳(幼名)、高賢
戒名 玄渕院殿前壱州刺史鶴道寿大居士
墓所 東京都港区六本木の光林寺
官位 従五位下壱岐
幕府 江戸幕府
讃岐多度津藩
氏族 京極氏
父母 父:京極高文
母:舛屋与市の娘(坂本氏の養女)
兄弟 高賢、好之助
正室:松平忠恕の娘
高琢高賓(次男)、
定姫(酒井忠恒正室)、娘(松井松平康豊室)

京極 高賢(きょうごく たかかた)は、讃岐多度津藩の第4代藩主。多度津藩京極家4代。

安永5年(1776年)6月20日、第3代藩主・京極高文の長男として生まれる。寛政6年(1794年)5月25日に世子に指名される。寛政8年(1796年)7月5日の父の隠居家督を継ぎ、12月19日に従五位下・壱岐守に叙位・任官する。

享和2年(1802年)5月、駿府加番に任じられる。文政10年(1827年)、江戸幕府に対して陣屋の建築を嘆願して許され、10月に多度津に入った。天保4年(1833年)3月8日、長男・高琢に家督を譲って隠居する。天保9年(1838年)3月6日、江戸麻布の永坂下屋敷で死去した。享年63。