京極高供

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京極高供像(常立寺蔵)

京極 高供(きょうごく たかとも、元和9年1月24日1623年2月23日) - 延宝2年2月28日1674年4月4日))は、丹後峰山藩の第2代藩主。初代藩主・京極高通の長男。母は京極高知の娘。正室は松平忠明の娘。子は京極高明(長男)。官位は従五位下、主膳正。

元和9年(1623年)正月24日、江戸で生まれる。寛文5年(1665年)、父が近江水口城の在番中に死去したため、その後を受けて在番を務めた。家督は寛文6年(1666年)6月14日に継いでいる。このとき、弟の高昌武蔵国近江国内において1000石、高成に500石ほどを分与している。その後も水口在番を務め、延宝2年(1674年)2月28日、江戸で死去した。享年52。跡を長男・高明が継いだ。法号は常立院然誉春山道栄。