京極高栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
京極 高栄
時代 江戸時代中期
生誕 元禄3年7月23日1690年8月27日
死没 享保6年6月13日1721年7月7日
改名 修理(幼名)→高継(初名)→高栄
戒名 源照院殿通岸道達大居士
墓所 東京都文京区向丘の瑞泰寺
官位 従五位下、加賀
幕府 江戸幕府
但馬豊岡藩
氏族 京極氏
父母 父:京極高住、母:寿林院(難波氏)
兄弟 高栄高正善興
正室:水野忠之の養女、水野忠盈の娘)
継室:松平定重の娘
側室:中村氏
高寛高永

京極 高栄(きょうごく たかよし / たかしげ)は、但馬豊岡藩の第3代藩主。豊岡藩京極家5代。

元禄3年(1690年)7月23日、第2代藩主・京極高住の長男として江戸向柳原邸で生まれる。宝永元年(1704年)に世嗣に指名される。初名は高継であったが、正徳3年(1713年)に将軍徳川家継諱を避けて高栄と改名した。正徳4年(1714年)7月29日に父の隠居にともない家督を継ぎ、従五位下、加賀守に叙任する。

弟の善興(重次)に2000俵を分与し、小普請組京極三右衛門家を創設した。享保6年(1721年)6月13日、麹町邸で急死した。享年32。

跡を長男の高寛が継いだ。