京極高寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
京極 高寛
時代 江戸時代中期
生誕 享保2年10月5日1717年11月7日
死没 享保11年9月12日1726年10月7日
改名 土肥之助(幼名)→高寛
戒名 源通院殿道円日照大童子
墓所 東京都台東区橋場の妙高寺
幕府 江戸幕府
但馬豊岡藩
氏族 京極氏
父母 父:京極高栄、母:中村氏
兄弟 高寛高永

京極 高寛(きょうごく たかのり)は、但馬豊岡藩の第4代藩主。豊岡藩京極家6代。

享保2年(1717年)10月5日、第3代藩主京極高栄の長男として豊岡で生まれる。母が側室であったため、父よりはじめ黒田姓を名乗らせられ、別家を継ぐこととなるはずであったが、享保6年(1721年)に京極姓に復して世嗣に指名された。同年の父の死去により家督を継いだ。

しかし、享保11年(1726年)9月12日に死去した。享年10。継嗣がなかったため、豊岡藩京極家は一時的に改易された。