京極高直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
京極 高直
時代 江戸時代前期
生誕 寛永9年11月21日1633年1月1日
死没 寛文3年1月7日1663年2月14日
改名 六丸(幼名)→高沖(初名)→高直
戒名 法性院殿真郭道保大禅定門
官位 従五位下、飛騨
幕府 江戸幕府
丹後田辺藩
氏族 京極氏
父母 父:京極高三、母:水野忠清の娘
兄弟 高直田中高友、松光院(牧野富成正室)
正室:水野忠善の娘
高盛(長男)、高元(次男)、高門(三男)、高住(四男)、高里(六男)、高完(七男)、娘(森長武正室)

京極 高直(きょうごく たかなお)は、丹後田辺藩の第2代藩主。豊岡藩京極家2代。

初代藩主・京極高三の長男。寛永13年(1636年)、父の死去により跡を継ぐ。正保4年(1647年)、江戸増上寺の普請や江戸城修築などを務めた。承応3年(1654年)、隣藩である宮津藩主の京極高広と国境などをめぐって争う。高広と高直は伯父と甥でありながら仲が悪かった。藩政においては郷村支配の強化に努めている。

寛文3年(1663年)正月7日、田辺にて32歳で死去した。このとき、家臣が5名ほど殉死している。それだけ高直は家臣を大切にしていたのかもしれないが、殉死の習慣が問題視されて幕府から殉死禁止令が出されたのは、高直の死から4ヵ月後のことであった。跡を長男の高盛が継いだ。