京極高矩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
京極 高矩
Kyōgoku Takanori.jpg
京極高矩像(丸亀市立資料館蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 享保3年4月14日1718年5月13日
死没 宝暦13年9月24日1763年10月30日
改名 縫殿助(幼名)→高定(初名)→高矩
戒名 大機院殿直翁道載大居士
墓所 滋賀県米原市清滝の徳源院
官位 従五位下、佐渡
幕府 江戸幕府
讃岐丸亀藩
氏族 京極氏
父母 父:京極高或、母:伊達宗利の娘
兄弟 高矩西尾忠需高綏多賀良安高亮、常子(大久保忠胤正室)
正室:得寿子松平信祝の娘)
銕子(板倉勝承正室)、熊子(遠山友清正室)、高中高教
養子:高迢

京極 高矩(きょうごく たかのり)は、江戸時代中期の大名。讃岐丸亀藩4代藩主。丸亀藩京極家6代。

生涯[編集]

3代藩主京極高或の長男。享保9年(1724年)、父の死により家督を継ぐ。享保16年(1730年)叙任し、享保19年(1733年)に初めて江戸から丸亀城に入る。宝暦4年(1754年)に藩内の弘田郷に雲気神社を再興する。宝暦13年(1763年)に46歳で死去した。跡を長男の高中が継いだ。治世中寛保二年江戸洪水があり、西国大名の手伝い普請に参加した。

参考文献[編集]