本多忠知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
本多忠知
時代 江戸時代後期
生誕 天明7年(1787年)9月
死没 天保10年3月14日1839年4月27日
墓所 東京都墨田区向島の弘福寺
官位 従五位下河内守弾正少弼
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
陸奥泉藩
氏族 本多氏(平八郎家)
父母 本多忠誠板倉勝暁
兄弟 忠知松平忠衛遠山景祚忠慎
安藤忠隆荒木忠寛忠弟忠久
秋田貞行稲葉正盛正室、小谷忠貞室、
荒木忠純養女
榊原政敦
寺沢氏娘・お輝
忠徳忠紀、佐多、大久保忠邦正室、
井上正員正室、岡田善宝正室、
仙石久祇正室、石川総詮正室、
小出英照室、遠山景明室ら
テンプレートを表示

本多 忠知(ほんだ ただとも)は、江戸時代後期の大名陸奥国泉藩4代藩主。官位従五位下河内守弾正少弼

略歴[編集]

天明7年(1787年)9月、3代藩主・本多忠誠の長男として誕生。文化12年(1815年)7月5日、父の隠居により家督を継いだ。

天保7年(1836年)11月5日、三男・忠徳に家督を譲って隠居した。天保10年(1839年)3月14日に死去。享年53。

系譜[編集]