和田垣謙三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
和田垣 謙三
人物情報
別名 吐雲(
生誕 (1860-08-30) 1860年8月30日万延元年7月14日
但馬国城崎郡豊岡町(現・兵庫県豊岡市
死没 (1919-07-18) 1919年7月18日(58歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学文学部
学問
研究分野 経済学農業経済学
研究機関 帝国大学法科大学東京帝国大学法科大学
東京帝国大学農科大学→東京帝国大学農学部
学位 法学博士(日本・1891年)
主要な作品 『経済教科書』(1901年)、『世界商業史要』(1909年)
学会 国家学会
経済学攻究会
日本経済会
テンプレートを表示

和田垣 謙三(わだがき けんぞう、1860年8月30日万延元年7月14日) - 1919年大正8年)7月18日)は明治時代から大正時代にかけての日本経済学者法学博士吐雲

経歴[編集]

但馬国(現兵庫県)出身。豊岡藩士・和田垣譲の次男。1881年東京帝国大学卒業後、ヨーロッパに留学し、ケンブリッジ大学ベルリン大学で学び、1883年に帰国。文部省御用掛を経て、1886年帝国大学法科大学教授となり、金井延とともに学部を主導、シュタインワグナーの社会政策学派財政学を導入、自由主義経済学からの転換を促した。1891年法学博士。1898年の農科大学教授に転じる。また日本女子商業学校校長、東京商業学校校長として民間実業教育に尽力。

1919年、腎臓炎のため死去[1]

栄典[編集]

位階
勲章等

著書[編集]

  • 『経済教科書』文学社、1901
  • 『新英和辞典』大倉書店、1901
  • 『英文典』文学社、1902
  • 『中学英文典』文学社、1902
  • 『法制教科書』文学社、1902
  • 『法制講義』修学堂、1904
  • 『経済講義』修学堂、1905
  • 『和英新辞典 会話作文』修学堂、1908
  • 『青年諸君』至誠堂、1909
  • 『世界商業史要』至誠堂、1909
  • 『餅 処世訓話』至誠堂、1909
  • 『法制経済新教科書』文学社、1911
  • 『兎糞録』至誠堂書店、1913
  • 『吐雲録』至誠堂書店 大正名著文庫、1914
  • 『西遊スケツチ』至誠堂書店 大正名著文庫、1915
  • 『家庭經濟』婦人文庫刊行会、1917
  • 『意外録』南北社出版部、1918
  • 『和田垣博士傑作集』大町桂月編 至誠堂書店、1921
共著
翻訳

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)344頁
  2. ^ 『官報』第6101号「叙任及辞令」1903年10月31日。
  3. ^ 『官報』第7640号「叙任及辞令」1908年12月12日。
  4. ^ 『官報』第2088号「叙任及辞令」1919年7月21日。
  5. ^ 『官報』第5243号「叙任及辞令」1900年12月21日。
  6. ^ 『官報』第6450号「叙任及辞令」1904年12月28日。
  7. ^ 『官報』第124号「叙任及辞令」1912年12月27日。
  8. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  9. ^ 『官報』第2088号「叙任及辞令」1919年7月21日。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 東京帝国大学教授法学博士和田垣謙三叙勲ノ件」(国立公文書館所蔵 「叙勲裁可書・大正八年・叙勲巻五」)
  • 法学博士和田垣謙三君」(花房吉太郎、山本源太編輯 『日本博士全伝』 博文館、1892年8月)
  • 矢作栄蔵編 『和田垣教授在職二十五年記念 経済論叢』 有斐閣書房、1914年
  • 故法学博士 和田垣謙三」(井関九郎監修 『大日本博士録 第壱巻 法学博士及薬学博士之部』 発展社、1921年1月)
  • 大町桂月編 『和田垣博士傑作集』 至誠堂書店、1921年7月
  • 渋木直一編 『吐雲余影』 渋木直一、1934年2月
  • 大淵利男 「和田垣謙三と『財政学』について」(『法学紀要』第29巻、日本大学法学部法学研究所、1988年2月、NAID 40003457835
    • 「和田垣謙三の財政思想とその展開」(『日本大学法学部 創立百周年記念論文集 第2巻 政治・経済・新聞学編』 日本大学法学部、1989年11月)
  • 三島憲之 「和田垣謙三と明治・大正期の経済学界(I) : 和田垣の経歴と活動を中心に(1)」(『東北公益文科大学総合研究論集』4、2002年12月、NAID 110004557362
その他の役職
先代:
高橋健三
東京商業学校長
1897年 - 1919年
次代:
内田嘉吉
先代:
(新設)
私立日本女子商業学校
1907年 - 1919年
私立女子商業学校長
1903年 - 1907年
次代:
日本女子商業学校長
嘉悦孝