杉山武彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
杉山 武彦
生誕 (1944-11-26) 1944年11月26日(74歳)
国籍 日本の旗 日本
研究機関 日本交通学会
日本海運経済学会
公益事業学会
アジア交通学会
航空政策研究会
研究分野 交通経済学
母校 一橋大学大学院商学研究科
博士課程
指導教員
宮川公男
博士課程
指導学生
竹内健蔵
高橋望
今橋隆
テンプレートを表示

杉山 武彦(すぎやま たけひこ、1944年11月26日 - )は、日本経済学者交通経済学)。一橋大学名誉教授、公益財団法人高速道路調査会理事長。一橋大学学長(第15代)、原子力損害賠償・廃炉等支援機構理事長(初代)、運輸政策研究所所長(第3代)、住友生命取締役、東京メトロ取締役などを歴任した。

来歴[編集]

東京都生まれの交通経済学者。一橋大学大学院商学研究科修了。指導教官は宮川公男で、宮川ゼミの同期に北畠能房京都大学名誉教授がいる[1]。中学では演劇部、高校・大学ではラグビー部に所属。後年、秋山富一の後任として第7代一橋大学ラグビー部OB会長を務めた[2]

一橋大学長や、航空政策研究会理事長、日本交通学会会長、日本海運経済学会会長、日本公益事業学会理事等を歴任。社団法人国立大学協会大学評価委員会委員、国土交通省独立行政法人評価委員会委員、総務省郵政行政審議会委員、社団法人日本ツーリズム産業団体連合会アドバイザー、財団法人日本交通公社理事等を務めた。2006年4月1日から文部科学省教科用図書検定調査審議会会長。2011年8月30日、原子力損害賠償支援機構初代理事長に内定。設立登記を行い、機構の設立にあたった。

門下に竹内健蔵東京女子大学教授)[3]二村真理子(東京女子大学教授)、今橋隆(元法政大学教授)、高橋望関西大学教授)[4]など。

学歴[編集]

  • 1963年3月 東京都立大泉高等学校卒業
  • 1968年3月 一橋大学商学部卒業
  • 1968年4月 一橋大学大学院商学研究科修士課程入学
  • 1970年3月 一橋大学大学院商学研究科修士課程修了
  • 1970年4月 一橋大学大学院商学研究科博士課程入学
  • 1970年8月~1971年7月 休学し、カーネギーメロン大学大学院に1年間留学
  • 1974年3月 一橋大学大学院商学研究科博士課程単位修得退学

職歴[編集]

この間東京工業大学工学部等で教鞭をとる。財団法人運輸調査局理事なども歴任。

社会活動[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「昭和44年度学位授与・単位修得論文」一橋研究
  2. ^ [1]一橋大学ラグビー部
  3. ^ [2]
  4. ^ [3]
  5. ^ 産経新聞2011.5.27
  6. ^ [4]
  7. ^ [5]
  8. ^ 「東京メトロ」産経ニュース2017.6.1 05:01更新
非営利団体
先代:
(新設)
原子力損害賠償・廃炉等支援機構理事長
初代:2011年 - 2015年
次代:
山名元
学職
先代:
石弘光
一橋大学学長
第15代:2004年 - 2010年
次代:
山内進