宮澤健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮澤 健一(みやざわ けんいち、1925年9月3日 - 2010年1月9日)は経済学者。第9代一橋大学学長、一橋大学名誉教授。1997年から2010年まで日本学士院会員。元理論・計量経済学会(現日本経済学会)会長[1]、元厚生省社会保障制度審議会会長、財団法人医療経済研究機構所長。神奈川県生まれ。

1962年エコノミスト賞、1977年日経・経済図書文化賞、1983年神戸賞、1998年勲一等瑞宝章。指導学生に清水啓典(一橋大学名誉教授)などがいる。

経歴[編集]

指導学生[編集]

指導学生に清水啓典(一橋大学名誉教授)、叶芳和(元国民経済研究協会理事長)[2]武蔵武彦千葉大学名誉教授)[3]荒井一博(一橋大学名誉教授)[4]松水征夫広島大学名誉教授)[5]野本了三(広島大学教授)、藤垣芳文成蹊大学教授)[6]花井敏南山大学名誉教授)[7]など。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『日本の経済循環』(春秋社、1960年)
  • 『経済数学:経済分析と数学論理』(評論社、1961年)
  • 『巨視経済学』(至誠堂、1962年)
  • 『経済構造の連関分析』(東洋経済新報社、1963年)
  • 『産業構造分析入門』(有斐閣、1966年)
  • 『国民所得理論』(筑摩書房、1967年)
  • 『日本の経済循環』(春秋社、1969年)
  • 『産業の経済学』(東洋経済新報社、1975年)
  • Input-output analysis and the structure of income distribution(Berlin ; New York : Springer-Verlag, 1976)
  • 『現代経済の制度的機構』(岩波書店、1978年)
  • 『通論経済学』(岩波書店、1981年)
  • 『現代経済学の考え方』(岩波書店、1985年)
  • 『業際化と情報化:産業社会へのインパクト』(有斐閣、1988年)
  • 『制度と情報の経済学』(有斐閣、1988年)
  • 『高齢化産業社会の構図』(有斐閣、1992年)

共編著[編集]

  • 『地域経済の基礎構造』(春秋社、1967年)
  • 小泉明)『ケインズ一般理論研究』(全3巻)(筑摩書房、1970年)
  • 『産業機構』(筑摩書房、1971年)
  • 新野幸次郎斉藤謹造)『現代経済体制論:経済の発展と体制の未来を探る』(有斐閣、1973年)
  • (新野幸次郎・斉藤謹造)『現代日本経済論:発展の主体と機構を探る』(有斐閣、1973年)
  • 『経済学と現代:近代経済学の課題と手法を探る』(有斐閣、1974年)
  • 中山伊知郎荒憲治郎)『原典による経済学の歩み』(講談社、1974年)
  • 『産業連関分析入門』(日本経済新聞社、1975年)
  • 『超インフレ時代』(学陽書房、1975年)
  • 竹内宏)『日本産業教室:その構造・組織・政策を探る』(有斐閣、1976年)
  • 森谷正規)『80年代の基礎産業』(筑摩書房、1980年)
  • 『製造物責任の経済学』(三嶺書房、1982年)
  • 『高度情報社会の流通機構:情報ネットワーク型流通システムの展開』(東洋経済新報社、1986年)
  • 『流通システムの再構築 : 開放的かつ競争的な消費者指向型流通機構の構築にむけて』(商事法務研究会、1989年)
  • 高丘季昭)『流通の再構築』(有斐閣、1991年)
  • 『国際化時代の流通機構』(商事法務研究会、1991年)
  • 『医療と福祉の産業連関』(東洋経済新報社、1992年)
  • 『物流革新と流通の新展開』(東洋経済新報社、1993年)
  • 『価格革命と流通革新』(日本経済新聞社、1995年)
  • 連合総合生活開発研究所)『福祉経済社会への選択』(第一書林、1995年)

監修書[編集]

  • (寺崎克志・馬田啓一著)『演習ミクロ経済学』(同文館出版、1983年)
  • (寺崎克志・馬田啓一著)『演習マクロ経済学』(同文館出版、1983年)

訳書[編集]

論文[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]