馬場啓之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

馬場 啓之助(ばば けいのすけ、1908年11月23日 - 1988年11月2日)は、経済史学者、一橋大学名誉教授一橋大学経済学部長、一橋大学学長(事務取扱)、国立社会保障・人口問題研究所所長等を務めた。

人物[編集]

福井市生まれ。横浜育ち。福井市足羽小学校横浜小学校、第二横浜中学校(現神奈川県立横浜翠嵐高等学校)を経て、1931年東京商科大学(現一橋大学)本科卒。山内得立に師事[1]

東亜研究所副調査員などとして研究。外務省嘱託として香港への派遣や、大日本帝国陸軍比島軍政監部付を務め、村田省蔵の比島調査委員会で杉村広蔵委員の下、補助委員として調査に従事した[2]

杉村が理事を務めた交易営団で総務部総務課長代理などを経て、戦後は農林省農業総合研究所計画部長を経て、1952年学習院大学教授、56年一橋大学教授、61年経済学部長、「近代経済学方法論」で一橋大経済学博士。1965年一橋大学附属図書館長、1969年一橋大学学長事務取扱の他、評議員などを務め、72年定年退官、名誉教授、国立社会保障・人口問題研究所所長。81年退任[3]

指導学生に後藤晃など。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『歴史意識』(刀江書院 1936 社会哲学叢書)
  • 『ジヨン・S.ミル』(東洋経済新報社 1947 現代経済学叢書)
  • 『経済学の哲学的背景』(同文館 1951)
  • 『経済学初歩』(同文館 1954)
  • 『農村経営論』(東洋経済新聞社 1955)
  • 『経済学方法論:社会形態と経済理論』(春秋社 1956 現代経済学全集 改訂版1961)
  • 『経済思想』(評論社 1958 社会諸学基礎講座)
  • 『貿易』(春秋社 1959 日本経済の分析)
  • 『近代経済学方法論』(勁草書房 1960)
  • 『マーシャル』(勁草書房 1961 思想学説全書)
  • 『社会科学としての経済学』(春秋社 1969)
  • 『近代経済学史』(東洋経済新報社 1970 経済学入門叢書)
  • 『資本主義の逆説』(東洋経済新報社 1974)
  • 『福祉社会の日本的形態』(東洋経済新報社 1980 東経選書)

編著[編集]

  • 『蚕糸業の経済的分析』(日本評論社 1950)
  • 『食糧政策の転換と組合金融の問題』(農業総合研究刊行会 1952)
  • 『日本農業読本』(東洋経済新報社 1953 全訂版1960・新版1964)
  • 『フィリピンの経済開発』(アジア経済研究所 1962)
  • 『農業近代化への道:その現実と展望』(東洋経済新報社 1970)

共編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ 盛田良治「日本占領期フィリピンの現地調査」人文學報 = The Zinbun Gakuhō : Journal of Humanities (1997), 79: 163-188
  3. ^ 「馬場 啓之助」20世紀日本人名事典

参考[編集]