清水彦五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清水彦五郎

清水 彦五郎(しみず ひこごろう、安政元年11月19日[1]1855年1月7日) - 大正2年(1913年4月15日[2])は、日本の文部官僚

経歴[編集]

福岡県出身。1875年明治8年)、文部省に出仕し、帝国大学法科大学舎監、帝国大学書記官・法科大学舎監、高等商業学校校長、東京帝国大学書記官・医科大学附属医院事務官督を歴任した[3]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 人事興信録 1911.
  2. ^ 『20世紀日本人名事典』日外アソシエーツ、2004年。
  3. ^ 東京帝国大学書記官清水彦五郎」 アジア歴史資料センター Ref.A10112762700 
  4. ^ 『官報』第2776号「叙任及辞令」1892年9月27日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第3版』人事興信所、1911年。