高橋泰蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 泰蔵(たかはし たいぞう、1905年10月9日 - 1989年5月22日)は、日本経済学者一橋大学名誉教授。元日本学士院会員

静岡県出身。1929年東京商科大学(現一橋大学)学部卒。同期に深見義一一橋大名誉教授がいる。東京商大教授、戦後一橋大教授。1960-61年一橋大学附属図書館[1]。1961-64年学長。1981-1989日本学士院会員。近代経済学専攻。貨幣論、金融論。

佐藤定幸(一橋大学名誉教授)[2]や、石川滋(一橋大学名誉教授)は高橋ゼミナール出身[3][4]

著書[編集]

  • 貨幣的経済理論の新展開 最近経済問題叢書 甲文堂書店 1941
  • 国民所得の基本問題 東洋経済新報社 1947 (現代経済学叢書
  • 経済発展と雇傭問題 スミスマルサスケインズ 富士出版 1948
  • インフレーション進行の法則と現段階 東洋経済新報社 1948
  • 経済発展の理論 構想的試論 青也書店 1948
  • 経済社会観と貨幣制度 青木書店 1949
  • 新しい経済の「構図」 東洋経済新報社 1950
  • ケインズ「一般理論」入門 春秋社 1953
  • 貨幣経済的循環の理論 巨視的経済世界像の構造論理を媒介とする 有斐閣 1953 (経済学選書)
  • 金融論入門 1957 (宝文館現代教養選書)
  • ケインズ「一般理論」研究ノート 春秋社 1959
  • 金融 春秋社 1960 (日本経済の分析
  • 経済学巡礼記 東洋経済新報社 1977.3

共編著[編集]

  • 体系経済学辞典 東洋経済新報社 1948
  • 国際金融論 新庄博共著 国元書房 1949 (世界経済学講座)
  • ケインズ「一般理論」講義 第1-3分冊 塩野谷九十九共編 春秋社 1951
  • 体系経済学小辞典 増田四郎共編 東洋経済新報社 1956
  • 交換方程式と現金残高方程式 小泉明共著 勁草書房 1958 (経済分析全書)

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考[編集]

  • 高橋泰蔵名誉教授略年譜,著述目録抄「一橋論叢」1969-12
  • 日本人名大辞典