阿部謹也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

阿部 謹也(あべ きんや、1935年2月19日 - 2006年9月4日)は、日本歴史学者。専門はドイツ中世史。一橋大学名誉教授上原専禄門下生で、一橋大学学長、国立大学協会会長等を歴任。

紫綬褒章受章。サントリー学芸賞大佛次郎賞、他受賞。長男は生物学者の阿部道生鶴見大学歯学部准教授)、次男は経済学者の阿部修人(一橋大学経済研究所教授)。

来歴・人物[編集]

東京都千代田区生まれ。早くに父を亡くし、中学時代にカトリック修道生活を送った経験から西洋中世史の研究を志し、一橋大学で上原専禄に師事。上原の辞職により、大学院では増田四郎の指導を受けた[1]

また『中世の再発見』での対談で日本の中世民衆史研究に大きな足跡を残した網野善彦と出会い、意気投合。これをきっかけに家族ぐるみの付き合いにまで発展する。その後も度々対談などで仕事をともにするなど、その親交は深かった。

小樽商科大学教授、東京経済大学教授を経て、一橋大学社会学部教授。一橋大学を定年退官後、同名誉教授となり、同大学長。指導学生には、土肥恒之一橋大学名誉教授[2]薩摩秀登明治大学教授[3]阪西紀子一橋大教授[4]森宜人一橋大准教授[5][6][7]黒川知文愛知教育大学教授[8]などがいる。

後年は国立大学協会会長、文化功労者審査会委員、財団法人大学基準協会副会長、大学審議会特別委員、学術審議会委員、 東京都青少年問題協議会副会長(会長:石原慎太郎東京都知事)、大学評価・学位授与機構大学評価委員会委員長等を歴任。1997年紫綬褒章

最晩年は腎臓病を患い、人工透析を受けながら、研究執筆を続けた。2006年9月4日午後9時37分、急性心不全により東京都新宿区の病院で死去。71歳だった。

著書に『ハーメルンの笛吹き男』『刑吏の社会史』『「世間」とは何か』など。『中世を旅する人びと』でサントリー学芸賞、『中世の窓から』で大佛次郎賞筑摩書房から「著作集」が刊行されている。「世間」をキーワードに、個人が生まれない日本社会を批判的に研究し独自の日本人論を展開、言論界でも活躍した。

学歴[編集]

職歴[編集]

この間、国立民族学博物館共同研究員や国立歴史民俗博物館教授を務めたほか、講師として東京大学文学部・教養学部・教育学部、東京外国語大学千葉大学文学部、名古屋大学文学部、富山大学人文学部、東京都立大学岡山大学教育学部、日本女子大学藤女子大学北星学園大学札幌大学などでも教鞭をとった。

受賞・受章[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • Die Komturei Osterode des Deutschen Ordens in Preussen 1341-1525 [Köln Grote] [1972]
  • 『ハーメルンの笛吹き男 - 伝説とその世界』(平凡社 1974年、ちくま文庫 1988年)
  • 『ドイツ中世後期の世界 - ドイツ騎士修道会史の研究』(未來社 1974年、復刊1983年、2002年)
  • 『刑吏の社会史 - 中世ヨーロッパの庶民生活』(中公新書 1978年)
  • 『中世を旅する人びと- ヨーロッパ庶民生活点描』(平凡社・社会史シリーズ 1979年、ちくま学芸文庫 2008年)
  • 『中世の窓から』(朝日新聞社 1981年、朝日選書 1993年、ちくま学芸文庫 2017年)
  • 『歴史と叙述 - 社会史への道』(人文書院 1985年)
  • 『中世の星の下で』(影書房、1983年、ちくま文庫 1986年、ちくま学芸文庫 2010年)
  • 『逆光のなかの中世』(日本エディタースクール出版部 1986年)
  • 『よみがえる中世ヨーロッパ NHK市民大学』(日本放送出版協会 1986年)
    • 『甦える中世ヨーロッパ』(日本エディタースクール出版部 1987年)
  • 『中世賎民の宇宙 - ヨーロッパ原点への旅』(筑摩書房 1987年 ちくま学芸文庫 2007年)
  • 『自分のなかに歴史をよむ』(筑摩書房[ちくまプリマーブックス] 1988年、ちくま文庫 2007年)
  • 『西洋中世の罪と罰 - 亡霊の社会史』(弘文堂[叢書死の文化] 1989年、講談社学術文庫 2012年)
  • 『社会史とは何か』(筑摩書房 1989年、洋泉社MC新書 2009年)
  • 『西洋中世の男と女 - 聖性の呪縛の下で』(筑摩書房 1991年、ちくま学芸文庫 2007年)
  • 『ヨーロッパ中世の宇宙観』(講談社学術文庫、1991年)
  • 『ヨーロッパ史をいかに学ぶか』(河合文化教育研究所ブックレット 1991年)
  • 『西洋中世の愛と人格 - 「世間」論序説』(朝日新聞社 1992年、朝日選書 1999年)
  • 『読書の軌跡』(筑摩書房 1993年)
  • 『北の街にて』(講談社 1995年、洋泉社MC新書 2006年)
  • 『ヨーロッパを読む』(石風社 1995年)
  • 『「世間」とは何か』(講談社現代新書 1995年)
  • 『ヨーロッパを見る視角』(岩波書店[岩波セミナーブックス] 1996年/岩波現代文庫 2006年)
  • 『読書力をつける』(日本経済新聞社 1997年)
  • 『「教養」とは何か』(講談社現代新書 1997年)
  • 『物語ドイツの歴史 - ドイツ的とはなにか』(中公新書 1998年)
  • 『日本社会で生きるということ』(朝日新聞社 1999年、朝日文庫 2003年)
  • 『大学論』(日本エディタースクール出版部 1999年)
  • 『学問と「世間」』(岩波新書 2001年)
  • 『日本人はいかに生きるべきか』 (朝日新聞社 2001年)
  • 『日本人の歴史意識 - 「世間」という視角から』(岩波新書 2004年)
  • 『「世間」への旅 - 西洋中世から日本社会へ』(筑摩書房 2005年)
  • 『阿部謹也自伝』(新潮社 2005年)
  • 『近代化と世間 私が見たヨーロッパと日本』(朝日新書 2006年、朝日文庫、2014年)
  • 『歴史家の自画像 私の学問と読書』(日本エディタースクール出版部 2006年)

著作集[編集]

  • 『阿部謹也著作集』(筑摩書房, 1999年-2000年)
    • 1巻「ハーメルンの笛吹き男/中世の星の下で」
    • 2巻「刑吏の社会史/中世賤民の宇宙」
    • 3巻「中世を旅する人びと」
    • 4巻「中世の窓から/逆光のなかの中世」
    • 5巻「甦える中世ヨーロッパ/西洋中世の罪と罰」
    • 6巻「西洋中世の男と女/西洋中世の愛と人格」
    • 7巻「「世間」とは何か/「教養」とは何か/ヨーロッパを見る視角」
    • 8巻「社会史とは何か/歴史と叙述」
    • 9巻「自分のなかに歴史をよむ/北の街にて」
    • 10巻「ドイツ中世後期の世界」

共著[編集]

  • 網野善彦石井進樺山紘一)『中世の風景(上・下)』(中央公論社[中公新書], 1981年)
  • (網野善彦)『中世の再発見 - 対談 市・贈与・宴会』(平凡社, 1982年)
  • 森洋子)『ブリューゲル』(中央公論社, 1984年)
  • 『歴史を読む 対談集』(人文書院 1990年)
  • 栗本慎一郎・樺山紘一・河上倫逸山内昌之山口昌男)『いまヨーロッパが崩壊する』(光文社カッパブックス、1994年
  • (栗本慎一郎・山口昌男・加藤哲実・大和雅之)『経済人類学を学ぶ』(有斐閣1995年
  • 『ドイツ~チェコ古城街道』(新潮社[とんぼの本] 1997年) 

編著[編集]

  • 『私の外国語修得法』(悠思社 1992年、中公文庫 1999年)
  • 『世間学への招待』(青弓社 2002年)

共編著[編集]

  • (栗原福也)『ヨーロッパ・経済・社会・文化 - 増田四郎先生古稀記念論集』(創文社, 1979年)

訳書[編集]

  • ヘルムート・シエルスキー『大学の孤独と自由 - ドイツの大学ならびにその改革の理念と形態』(未來社, 1970年)
  • トマス・プラッター『放浪学生プラッターの手記 - スイスのルネサンス人』(平凡社, 1985年)
  • ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』(岩波文庫, 1990年)
  • ヘルマン・ハインペル『人間とその現在 - ヨーロッパの歴史意識』(未來社, 1991年)
  • ジャック・ロシオ『中世娼婦の社会史』(筑摩書房, 1992年)
  • エーディト・エンネン『西洋中世の女たち』(人文書院, 1992年)
  • ヴェルナー・フォーグラー編『修道院の中のヨーロッパ - ザンクト・ガレン修道院にみる』(朝日新聞社, 1994年)

論文[編集]

記念論集[編集]

  • 『阿部謹也最初の授業・最後の授業』、阿部謹也追悼集刊行の会編(日本エディタースクール出版部、2008年)

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 阿部謹也『自分のなかに歴史を読む』筑摩書房、1988年
  2. ^ 「阿部先生の社会史研究と一橋大学の伝統」一橋大学附属図書館
  3. ^ [1]
  4. ^ 「阿部謹也先生追悼編」一橋大学
  5. ^ [2]一橋大学
  6. ^ 「名誉教授土肥恒之著作目録」一橋社会科学, 2: 1-6
  7. ^ [3]如水会
  8. ^ 「昭和57年度 学位授与・単位修得論文一覧」一橋大学

外部リンク[編集]