土肥恒之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土肥 恒之(どひ つねゆき、1947年 - )は、西洋史学者。主専攻は近世ロシア農村社会史一橋大学名誉教授。

人物・経歴[編集]

北海道生まれ[1]小樽商科大学商学部時代に阿部謹也(のちに一橋大学学長)の講義に感銘を受け、歴史学者を志して2年間指導を受ける[2]一橋大学大学院社会学研究科修了。指導教官は本田創造[3]。小樽商科大学助教授を経て、一橋大大学院社会学研究科教授[2]。社会経済史学会顧問[4]文部科学省教科用図書検定調査審議会臨時委員[5]

ゼミの指導学生に英国史学者の石井健(北海学園大教授)、ハンガリー史学者の渡邊昭子(大阪教育大准教授)、ロシア史学者の青木恭子(富山大教授)、ロシア史学者の森永貴子(立命館大教授)、オーストリア史学者の岩崎周一(京都産業大准教授)、ドイツ史学者の森宜人(一橋大准教授)、ドイツ史学者の永山のどか(青山学院大教授)、フランス史学者の高橋暁生(上智大准教授)などがいる[6][7][8]

学歴[編集]

  • 1969年3月 小樽商科大学商学部卒業
  • 1969年4月 一橋大学大学院社会学研究科修士課程入学
  • 1972年3月 同課程修了
  • 1972年3月 一橋大学大学院社会学研究科博士課程進学
  • 1976年3月 同課程単位取得退学
  • 1987年 「ロシア近世農村社会史」で一橋大学社会学博士

職歴[編集]

  • 1976年4月 小樽商科大学短期大学部専任講師
  • 1978年10月 小樽商科大学短期大学部助教授
  • 1981年4月 一橋大学社会学部助教授
  • 1989年2月 一橋大学社会学部教授
  • 2000年4月 一橋大学社会学研究科教授
  • 2010年 定年退任、名誉教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ロシア近世農村社会史』(創文社, 1987年)
  • 『「死せる魂」の社会史――近世ロシア農民の世界』(日本エディタースクール出版部, 1989年)
  • 『ロシア皇帝の虚像と実像――ツァーリ幻想と民衆』(福武書店, 1992年)
  • 『ピョートル大帝とその時代――サンクト・ペテルブルグ誕生』(中公新書, 1992年)
  • 『岐路に立つ歴史家たち――20世紀ロシアの歴史学とその周辺』(山川出版社, 2000年)
  • 『ステンカ・ラージン――自由なロシアを求めて』(山川出版社, 2002年)
  • 『よみがえるロマノフ家』(講談社選書メチエ 2005年)
  • 『興亡の世界史(14) ロシア・ロマノフ王朝の大地』(講談社, 2007年)
  • 『図説 帝政ロシア――光と闇の200年』(河出書房新社〈ふくろうの本〉, 2009年)
  • 『ロシア社会史の世界』(日本エディタースクール出版部, 2010年)
  • 『西洋史学の先駆者たち』(中公叢書, 2012年)
  • 『ピョートル大帝』(山川出版社〈世界史リブレット〉, 2013年)

共著・編著[編集]

  • 長谷川輝夫大久保桂子)『世界の歴史(17)ヨーロッパ近世の開花』(中央公論社, 1997年/中公文庫、2009年)
  • 『地域の比較社会史 ヨーロッパとロシア』(日本エディタースクール出版部, 2007年)

訳書[編集]


脚注[編集]