鬼頭仁三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鬼頭 仁三郎(きとう にさぶろう、1900年12月1日 - 1947年9月29日)は、日本の経済学者。

略歴[編集]

愛知県名古屋市出身。1925年東京商科大学卒、1928年同研究科卒。高垣寅次郎に師事した。東京商大図書館に勤め、1935年東京商大附属商業専門部教授、1940年東京商大教授を兼任した。1945年東京商大附属商学専門部長、同商業教育養成所長となった。

ケインズの「貨幣論」を翻訳し1932-1934年に刊行。「貨幣と利子の動態」をはじめとする貨幣論の著作によって、ケインズ金融理論の発展に努めた[1]。弟子に三上隆三吉野昌甫らがいる。英文学者で作家の北條文緒は娘[2]

著書[編集]

  • 『国際資本移動論』日本評論社 1939
  • 『貨幣と利子の動態 貨幣経済の性格』岩波書店 1942
  • 『交易理論の基礎』大理書房 1945
  • 『ケインズ経済学解説』東洋経済講座叢書 東洋経済新報社 1946 のち現代教養文庫
  • 『世界通貨の将来 国際通貨基金との問題』(アカデミックライブラリイ)アカギ書房 1947
  • 『物価の理論 (現代経済学叢書)東洋経済新報社 1948
  • 『ケインズ研究』東洋経済新報社 1948
  • 『国際経済と通貨の理論 (現代経済学叢書)東洋経済新報社 1949
  • 『外国為替講義』東洋経済新報社 1950

翻訳[編集]

  • 『ケインズ貨幣論』同文館 1932-1934

脚注[編集]