薩摩秀登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

薩摩 秀登(さつま ひでと、1959年 - )は、日本の歴史学者明治大学経営学部教授。チェコスロバキア史が専門で、東欧史研究会委員長を務めた。

来歴[編集]

東京生まれ[1]。1982年一橋大学社会学部西洋史専攻卒[2]、89年同大学院社会学研究科歴史学専攻博士課程修了、「中世チェコ王国の貴族と王権」で社会学博士。審査員阿部謹也中村喜和土肥恒之[3]。元東欧史研究会委員長[4]

著書[編集]

  • 王権と貴族 中世チェコにみる中欧の国家 日本エディタースクール出版部 1991.5
  • プラハの異端者たち 中世チェコのフス派にみる宗教改革 現代書館 1998.8 叢書歴史学への招待
  • チェコとスロヴァキアを知るための56章 編著 明石書店 2003.4 エリア・スタディーズ
  • 図説チェコとスロヴァキア 河出書房新社 2006.11 ふくろうの本
  • 物語チェコの歴史 森と高原と古城の国 2006.3 中公新書

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]紀伊國屋書店
  2. ^ 「薩摩 秀登 」
  3. ^ 「論文題目 中世チェコ王国の貴族と王権」
  4. ^ 委員会”. 東欧史研究会. 2016年9月19日閲覧。