大和雅之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大和 雅之
生誕 (1964-06-23) 1964年6月23日(53歳)
日本の旗 日本 東京都港区
居住 日本の旗 日本
研究分野 生物学
再生医療
研究機関 東京大学
日本大学
東京女子医科大学
理化学研究所
出身校 開成高等学校
東京大学
博士課程
指導学生
小保方晴子
主な業績 細胞シート
TWIns
セルシード
影響を
受けた人物
蓮實重彦
栗本慎一郎
岡野光夫
主な受賞歴 グッドデザイン賞
文部科学大臣表彰科学技術賞
山﨑貞一賞
プロジェクト:人物伝

大和 雅之(やまと まさゆき、1964年昭和39年)6月23日[1] - )は、日本生命科学者。東京大学博士(理学)[2] 。専門は再生医療組織工学幹細胞生物学。細胞シートの研究やベンチャー事業化[3]哲学芸術にも造詣が深い人物として知られている[4]2003年グッドデザイン賞2009年文部科学大臣表彰科学技術賞、2009年山﨑貞一賞などを受賞した。

日本大学助手、東京女子医科大学助手、助教授、准教授、教授、同大学グローバルCOEプログラム拠点リーダー、先端生命医科学研究所(TWIns)所長、経済産業省技術戦略マップ再生医療分野作成委員会委員長、などを歴任。

来歴[編集]

学生時代[編集]

東京都港区生まれ[1]開成高等学校出身。高校時代は哲学に関心が強く、東大文学部と理工学部のどちらに進むか迷っていた。東京大学に進学し、東京大学教養学部基礎科学科へ進む。大学時代には蓮實重彦の講義に潜入して聴講しており、卒業研究で生化学を選んだのは消去法だったと振り返っている[4]

学生時代から『現代思想 (雑誌)』に論稿を寄稿し、経済人類学者栗本慎一郎から(『意味と生命』という著書の後書きで)「少壮の学生」という評価を受けた。なお、好きな映画としてブレードランナーを挙げており、学生時代に『現代思想』誌へ論稿を寄稿した際には、筆者肩書きの部分に「タイレルコーポレーション」と記したこともあった。インタビューでは哲学は定年後に研究したいとも答えている[4]

研究者として[編集]

東京大学大学院理学系研究科博士課程を修了し、博士(理学)の学位を取得。1994年日本大学薬学部助手[5]1998年東京女子医科大学先端生命医科学研究所助手、2001年同研究所講師、2003年同研究所助教授(2007年から准教授)、2008年同研究所教授

東京女子医科大学で「温度応答性培養皿」を岡野光夫らとともに開発し[3]、培養細胞をバラバラにすることなくシートとして回収することで、細胞表層のタンパク質や細胞自身が産生した細胞外マトリックスを損傷させることなく、生体組織に速やかに付着できる方法の開発に成功した[6][7]iPS細胞ES細胞体性幹細胞の様々な幹細胞ソースと組み合わせが可能であり、自己細胞を使った再生角膜による治療法[8][9]、早期食道癌の術後狭窄予防[10][11]などの臨床研究が進められている。

再生医療の実現を目指して[編集]

2006年より経済産業省技術戦略マップ再生医療分野作成委員会委員、2009年より同委員長。厚生労働省自己由来ヒト細胞・組織加工医薬品等の品質及び安全性の確保に関する指針、他家指針検討委員会委員、再生医療における制度的枠組みに関する検討会委員、再生医療における制度的枠組みに関する検討会 委員[12]グローバルCOEプログラム「再生医療本格化のための集学的教育研究拠点」拠点リーダー[13][14]。各種活動を通じ、再生医療における日本の将来を案じていた[12]

2014年2月5日に脳出血で倒れ、入院・長期療養を余儀なくされる。以前から岡野光夫の定年に伴い先端生命医科学研究所の所長に就任する予定であり、別に所長代行を設ける形で大和は4月1日付けで所長に就任[15][5]。8月に一部職場復帰したものの、その後も所長代行が必要な状態になる[15]2016年現在は清水達也が所長を務め、大和は一教授の立場にある[16]

受賞歴[編集]

特記事項[編集]

テレビ出演[編集]

栗本慎一郎との関係[編集]

神道国際学会会長[23]にして旭日中綬章受章者[24]栗本慎一郎とは関連が深く、栗本が監修する経済人類学の入門書『経済人類学を学ぶ』を文化功労者山口昌男らと大和が共著したことがある。

2013年11月には、ラジオ日本が放送する「栗本慎一郎の社会と健康を語る」に大和も出演した。また、ラジオ日本の『時事対談 栗本慎一郎と川嶋朗の統合医療』という番組(2014年4月5日放送分)では、自分の弟子である東京女子医大教授(大和)がSTAP細胞論文共著者であることに触れつつ、STAP細胞研究を擁護し、理研における小保方晴子の上司が態度を豹変させたことを批判した。

人文・社会科学系の活動[編集]

思想や哲学について雑誌への寄稿で論じており[25][26][27]、自らの立場を「栗本学派」と呼んでいる[26]。また、『現代思想』誌上での連載が終了したばかりの栗本慎一郎の『意味と生命』に対し、「はたしてどれだけの者がついていけたのか不安にならざるをえない恐るべき孤高の連載」「いままで現代思想で許されてきた範囲を突き抜ける、とんでもないものであった」などと、きわめて高い評価を与えていた[27]マイケル・ポランニーについての論考では、高校の化学教科書のかなりの部分がポランニーの業績に依拠して書かれるようになっているのにもかかわらず、科学史に彼の名があまり出てこないことに対して「政治的配慮か」と揶揄している[25]

栗本慎一郎編集の『経済人類学を学ぶ』において、阿部謹也、山口昌男らとの共著で第8章『マイケル・ポランニーの生命論』と第12章『実在、階層、発見、そして社会』を執筆[28]。前者は自然科学サイドからのゲスト的なスタンスであるが、後者では、マイケル・ポランニーだけでなく兄のカール・ポランニーにも言及するなど、かなり社会科学的な領域へ突っ込んだ考察が見られる。また、後者では、大学の社会学科の設立とその内実への批判がなされている。社会科学およびそれを学ぶ大学の学科への強い関心が示されているということである[28]

小保方論文の指導[編集]

STAP細胞の論文を発表した小保方晴子の学生時代の指導教員である[29]早稲田大学東京女子医科大学の連携制度の元、大和は小保方の修士課程時代から細胞シートの研究を指導。博士課程における小保方のハーバード留学を仲介し[30]、一連の研究の共著者[31][32] であり、博士論文でも副査を務めた[33][34](詳細は「胞子様細胞」や「早稲田大学博士論文不正問題」を参照)。この研究は2010年頃に大和とチャールズ・バカンティが独立に「刺激で細胞が初期化する」という着想を持ち、小保方の実験により確信に至った[35][36]。STAP研究の特許や論文には、大和も共同発明者や共著者として名を連ねている[37][38]

月刊『新潮45』のSTAP細胞研究関連の連載記事において、ノンフィクション作家の小畑峰太郎が大和について多く言及した[39]。なお、早稲田大学の論文不正調査委員会が行った調査においては、大和に対して不正に関する聴取は検討されたものの、実施されなかった[40]

主な業績[編集]

学位論文[編集]

著書[編集]

寄稿(現代思想)[編集]

解説(教育・研究)[編集]

特許[編集]

(大和が発明者に含まれる特許のみ、共同発明者の記載は省く。なお、カッコ内の記述は、日付が登録日、会社・人物名が特許権者を示す。)

競争的資金[編集]

科学研究費補助金 研究代表者)

(規模の大きい科研費の研究分担者)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 受賞論文伊藤悦子、大和雅之、權五亨、桜井靖久、岡野光男「抗血栓性材料:HEMA-St-HEMA ABA型ブロックコポリマー表面における血小板の運動とその機序」、『人工臓器』第28巻第2号、 326-332頁。[17]
  2. ^ 日刊工業新聞社運営[19]。受賞テーマ「細胞シート張り付け用内視鏡デバイス」、受賞者「東京女子医科大学グループ」[20]
  3. ^ 受賞テーマ「インテリジェント表面による細胞シート工学の創出と再生治療の実現」、受賞者:岡野光夫、菊池明彦、大和雅之、受賞分野:バイオサイエンス・バイオテクノロジー分野[21]
  4. ^ 受賞テーマ「インテリジェント表面を用いた細胞および細胞シートマニピュレーション技術の開発とその臨床応用に関する集学的研究」[22]

出典[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.436
  2. ^ 大和博士論文 1994.
  3. ^ a b c 夢の扉 〜NEXT DOOR〜 バックナンバー > 2010年12月26日放送 細胞シートによる再生医療を確立させたい”. TBSテレビ. 2014年7月28日閲覧。
  4. ^ a b c 生命科学DOKIDOKI研究室.
  5. ^ a b c d e f TWIns研究者紹介 2014.
  6. ^ Masayuki Yamato; Teruo Okano (5 2004). “Cell sheet engineering”. materials today 7 (5): 42-47. http://dx.doi.org/10.1016/S1369-7021(04)00234-2. 
  7. ^ U. Meyer (PDF). The History of Tissue Engineering and Regenerative Medicine in Perspective. pp. 5-12. http://www.springer.com/cda/content/document/cda_downloaddocument/9783540777540-c1.pdf. 
  8. ^ Nishida K,Yamato M, Hayashida Y, et al. The New England Journal of Medicine 2004
  9. ^ 最先端の角膜再生医療”. AMPO.tv~先進医療に挑む~. 一般財団法人 先進医療推進機構 (2012年10月10日). 2014年8月5日閲覧。
  10. ^ “細胞シート、空輸し食道がん患者に移植 長崎大”. 日本経済新聞. (2013年7月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1604C_W3A710C1CR8000/ 2014年7月28日閲覧。 
  11. ^ 食道グループ - 培養口腔粘膜上皮細胞シート移植による再生医療治療”. 東京女子医大先端生命医科学研究所 細胞シートティッシュエンジニアリングセンター. 2014年7月28日閲覧。
  12. ^ a b 大和雅之 (2012-01-04). 新春展望2012、再生医療法の実現に向けて. https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120104/158854/ 2014年7月28日閲覧。. 
  13. ^ 東京女子医科大学・早稲田大学 共同先端生命医科学専攻 HP
  14. ^ 東京女子医科大学グローバルCOE 「再生医療本格化のための集学的教育研究拠点」HP
  15. ^ a b 清水達也 (2014年10月9日), “先端生命医科学研究所の所長業務について” (プレスリリース), 東京女子医科大学先端生命医科学研究所, http://www.twmu.ac.jp/ABMES/ja/news20141009 2014年11月23日閲覧。 
  16. ^ メンバー. TWINS. 東京女子医科大学. 2016年10月2日閲覧。
  17. ^ 論文賞・技術賞受賞者”. 日本人工臓器学会. 2014年3月4日閲覧。
  18. ^ GOOD DESIGN AWARD[リンク切れ]
  19. ^ “モノづくり情報局 - 第2回モノづくり連携大賞、北大グループを表彰”. 日刊工業新聞社. http://www.nikkan.co.jp/mono/renkei/renkei.html 2014年7月28日閲覧。 
  20. ^ 産学官をつなぐ -モノづくり連携大賞受賞例から(5)「細胞シート張り付け用内視鏡デバイス -特別賞:東京女子医科大学グループ”. 2014年7月28日閲覧。
  21. ^ 第9回(平成21年度)山崎貞一賞 バイオサイエンス・バイオテクノロジー分野”. 2014年7月28日閲覧。
  22. ^ 大和雅之教授「日本バイオマテリアル学会賞」を受賞”. 東京女子医科大学. 2014年7月28日閲覧。
  23. ^ 会長挨拶”. 特定非営利活動法人 神道国際学会 (2013年5月17日). 2014年7月28日閲覧。
  24. ^ 平成24年春・秋の叙勲受章者”. 四中・戸山高校同窓会 城北会. 2014年7月28日閲覧。
  25. ^ a b 現代思想 & 1986-03.
  26. ^ a b 現代思想 & 1987-04.
  27. ^ a b 現代思想 & 1988-01.
  28. ^ a b 栗本慎一郎 編.
  29. ^ rikejo Labo Research 2010.
  30. ^ 毎日新聞、2014年7月5日、第30面。
  31. ^ H. Obokata, K. Kojima, K. Westerman, M. Yamato, T. Okano, S. Tsuneda, C. A. Vacanti (March 2011). “The potential of stem cells in adult tissues representative of the three germ layers”. Tissue Engineering Part A 17 (5-6): 607-615. doi:10.1089/ten.TEA.2010.0385. ISSN 19373341. 
  32. ^ C. A. Vacanti et al. (March 2014). “Erratum: The Potential of Stem Cells in Adult Tissues Representative of the Three Germ Layers”. Tissue Engineering Part A. doi:10.1089/ten.TEA.2014.0122. 
  33. ^ 常田聡 (2011-02) (PDF). 博士論文審査報告書 (Report). 早稲田大学大学院 先進理工学研究科. http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/36341/5/Shinsa-5627.pdf 2014年6月15日閲覧。. 
  34. ^ “ハーバード大教授「小保方氏の博士論文読んでない」衝撃発言に東浩紀氏「本当なら早稲田は終わりだ」”. J-CASTニュース. (2014年3月20日). http://www.j-cast.com/2014/03/20199793.html?p=all 2014年7月26日閲覧。 
  35. ^ 東京女子医大・大和雅之教授「10年以内に臨床研究」、慶応大・岡野栄之教授「慎重な検証が必要だ」産経新聞 2014年2月10日
  36. ^ STAP疑惑底なし メディア戦略あだに中日新聞 2014年3月15日
  37. ^ Vacanti, C. A. et al. (2013年10月31日). “Generating pluripotent cells de novo WO 2013163296 A1”. 2014年2月5日閲覧。(英語)(国際特許公開、優先日:2012年4月24日、出願日:2013年4月24日)
  38. ^ Obokata, H.; Wakayama, T.; Sasai, Y.; Kojima, K.; Vacanti, M. P.; Niwa, H.; Yamato, M.; Vacanti, C. A. (2014-07-02). “Retraction:Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency”. Nature 505: 641-647. doi:10.1038/nature13598. (英語)
  39. ^ 小畑峰太郎、新潮45取材班 (2014-07). “【深層追及第四弾】「STAP論文捏造事件」その金脈と人脈”. 新潮45. http://www.shinchosha.co.jp/shincho45/backnumber/20140618/. 
  40. ^ 早稲田大学大学院 先進理工学研究科 有志一同(岩崎秀雄、小出隆規、寺田泰比古、勝藤拓郎) (2014年7月25日). “「小保方晴子氏の博士学位論文に対する調査報告書」に対する早稲田大学大学院 先進理工学研究科 教員有志の所見 (PDF)”. 早稲田大学 小出隆規 研究室. 2014年7月27日閲覧。2014年7月24日公表、同25日一部訂正)
  41. ^ 2013年の研究業績”. 東京女子医科大学先端生命医科学研究所. 2014年7月28日閲覧。

【目次へ移動する】

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

(取材・報道など)

(講演動画)