岡野光夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

岡野 光夫(おかの てるお、1949年3月21日 - )は、日本再生医療工学者工学博士細胞シートを使った再生医療およびバイオマテリアルの研究を専門分野としている。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

著作[編集]

  • 博士論文『ミクロ相分離構造を有する親・疎水性ポリマーの合成とその医用材料への応用』早稲田大学 甲第378号 1979年
  • 岡野光夫, 大和雅之 監修『再生医療技術の最前線』シーエムシー出版 2007年
  • Biomedical applications of hydrogels handbook editor-in-chief, Raphael M. Ottenbrite ; editors, Kinam Park, Teruo Okano , New York , Springer , 2010
  • 岡野光夫 著『「細胞シート」の奇跡 : 人はどこまで再生治療できるのか』祥伝社 2012年
  • 日本再生医療学会 監修 岡野光夫, 大和雅之 編集『再生医療叢書 2』朝倉書店 2013年
  • 岡野光夫, 大和雅之 監修『再生医療技術の最前線 = Recent progress in Regenerative Medicine Technologies』 シーエムシー出版 2013年 (バイオテクノロジーシリーズ) 普及版
  • 日本再生医療学会 監修,岡野光夫, 浅島誠 編集統括『再生医療用語ハンドブック』メディカルトリビューン 2015年
  • 岡野光夫 監修,田畑泰彦, 塙隆夫 編著『バイオマテリアル : その基礎と先端研究への展開』東京化学同人 2016年

テレビ出演[編集]

疑惑[編集]

セルシード社の役員並びに株大量保有者であり、セルシード社の商品である細胞シートに対する論文を数編発表している。自身がセルシード社に深く関係するにも関わらず、論文投稿の際に「金銭的利益相反はない」と宣言している[3]ため問題視されている。[要出典]

論文撤回[編集]

2011年6月30日付『ネイチャープロトコルズ英語版』に掲載された、再生医療用細胞シートのマウスへの移植手法に関する大和雅之小保方晴子常田聡との共著論文を、元データが確認できないとして2016年1月13日に撤回した[4]

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ インタビュー企画 『未来医療への挑戦者たち』シリーズ第1弾-東京女子医科大学先端生命医科学研究所・TWIns 所長・教授 岡野光夫 GCOEメールマガジン【RegMed-now】Vol.12(2011年3月2日配信)東京女子医科大学 グローバルCOE「再生医療本格化のための集学的教育研究拠点」
  2. ^ 先端生命医科学研究所の所長業務について 所長代行・教授 清水達也 東京女子医科大学先端生命医科学研究所
  3. ^ 小保方研究に関与する企業の株価が急上昇――STAP細胞騒動に株価操作疑惑”. 週刊金曜日 (2014年4月30日). 2017年2月12日閲覧。
  4. ^ 小保方氏の別の論文 グラフ酷似で撤回 英科学誌、STAP以前”. 産経新聞 (2016年2月27日). 2017年2月12日閲覧。

関連リンク[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]