相澤益男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

相澤 益男(あいざわ ますお、1942年8月31日 - )は日本の工学者工学博士

生命工学、バイオエレクトロニクス研究の第一人者であるとともに、東京工業大学学長、国立大学協会会長、文部科学省大学設置・学校法人審議会会長、総合科学技術会議議員を歴任し、日本の大学院改革、科学技術政策に関する提言を行ってきている。内閣府沖縄科学技術大学院大学学園の今後の諸課題に関する検討会座長も務め、沖縄科学技術大学院大学に対する政府の財政支援を求める外部評価結果の提出を行うなどした[1]旭硝子財団評議員等も歴任[2]

略歴[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]


先代:
丹保憲仁
文部科学省大学設置・学校法人審議会会長
2004年 - 2005年
次代:
永田眞三郎