中野聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中野 聡(なかの さとし、1959年 - )は、日本歴史学者。専門は、現代アメリカ史、米比関係史。一橋大学大学院社会学研究科教授。一橋大学副学長や、歴史学研究会事務局長等を歴任。アメリカ学会清水博賞、大平正芳記念賞受賞。

人物・経歴[編集]

東京都立戸山高等学校を経て、一橋大学法学部第三課程(国際関係)卒業。社会学部油井大三郎ゼミ出身[1]一橋大学大学院社会学研究科地域社会研究専攻博士後期課程単位修得退学。社会学博士。大学院ではサブゼミで本田創造ゼミにも所属[2]

神戸大学教養部専任講師、神戸大学国際文化学部専任講師・助教授、フィリピン大学哲学社会科学学部歴史学科客員研究員文部省在外研究員)、一橋大学社会学部助教授を経て、2003年から教授。2005年コロンビア大学ウェザーヘッド東アジア研究所客員研究員(安倍フェローシップ)、2007年歴史学研究会事務局長、2009年一橋大学役員補佐、2013年ジョージ・ワシントン大学シグーア・アジア研究所客員研究員フルブライト研究員)、2014年一橋大学大学院社会学研究科長・社会学部長。2016年一橋大学副学長(国際交流、広報、社会連携担当)兼国際共同研究センター長[3][4][5]

受賞[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『フィリピン独立問題史 ―独立法問題をめぐる米比関係史の研究(1929-46年)―』龍溪書舎、1997年1月15日。ISBN 978-4844784647
  • 歴史経験としてのアメリカ帝国 米比関係史の群像岩波書店、2007年9月26日。ISBN 978-4000025379
  • 東南アジア占領と日本人 帝国・日本の解体』岩波書店〈戦争の経験を問う〉、2012年7月28日。ISBN 978-4000283755
  • Japan’s Colonial Moment in Southeast Asia 1942-1945 The Occupiers’ Experience. Routledge Contemporary Japan Series. Routledge. (2018-09-19). ISBN 978-1138541283. https://www.routledge.com/Japans-Colonial-Moment-in-Southeast-Asia-1942-1945-The-Occupiers/Satoshi/p/book/9781138541283. 

共編著[編集]

『太平洋植民地の獲得とアメリカの「アジアへの道」』(116-135頁)執筆。
『ベトナム戦争の時代』(1-39頁)執筆。
『共同討議 和解と協力の未来へ』共述、『アメリカの世界戦略とアジア』執筆。
『ベトナム戦争の時代』(93-134頁)執筆。

脚注[編集]

  1. ^ 「【ヒトツ箸】中野聡教授(社会学研究科)」一橋新聞2017年6月16日
  2. ^ 「辻内さんの死を悼む」
  3. ^ [1]一橋大学
  4. ^ [2]一橋大学
  5. ^ [3]一橋大学大学院社会学研究科

外部リンク[編集]