足羽與志子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

足羽 與志子(あしわ よしこ、1957年 - )は、日本文化人類学者一橋大学大学院社会学研究科教授[1]。一橋大学社会学部「平和と和解の研究センター」[2]代表、ハーバード大学特任講師、コロンビア大学客員研究員、廈門大学客員教師等を歴任。専門は文化、宗教、アート、価値生成、グローバリゼーション研究。研究地域は主としてアジア(スリランカ、中国等)及び北米。

人物・経歴[編集]

静岡県静岡市出身。静岡雙葉高等学校卒。1980年大阪大学人間科学部卒、コロンボ大学シンハラ学部大学院留学(ロータリー財団奨学生)、ハーバード大学人類学部大学院留学(フルブライト財団奨学生)を経て、1986年一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位修得満期退学。1994年には論文「ベラワーの民族誌 :社会変化と経験世界」で一橋大学博士(社会学)取得。

1986年神戸山手女子短期大学教養学科専任講師。1989年厦門大学人類学系・外文系客員教師。1991年から93年までハーバード大学人文科学研究科特任講師(新渡戸フェロー)。1995年一橋大学社会学部助教授。1999年同大大学院社会学研究科教授。長年のスリランカ研究を背景に同国の平和構築に貢献。中国の現代仏教とその復興、また仏教のグローバル化について30年以上のフィールドワークに基づいた先駆的な研究で知られる。幅広い文化研究、また価値生成と政策制度の関係を主要テーマとする。

この間、コロンビア大学客員研究員(フルブライト上級フェロー)、コロンボ大学客員研究員、等を歴任。アジア、ヨーロッパを中心に海外の多くの大学で講義、学術会議を行う。

著書[編集]

  • Space of Religion: Temple, State and Communities of Buddhism in Modern China.Columbia University Press (2020)
  • Making Religion, Making the State; The Politics of Religion in Modern China. ed.by Yoshiko Ashiwa and David Wank, Stanford University Press(2007)

共編著[編集]

  • Buddhism after Mao(eds. Ji Jia, others) University of Hawaii Press. (2019)
  • 『平和と和解:思想、経験、方法』彩流社(2015)
  • 『東アジアの未来』 一橋大学東アジア政策研究プロジェクト編  東洋経済社(2012)
  • 『平和と和解の思想をたずねて』  共編著 大月書店 (2010)
  • 『宗教人類学入門』弘文堂(2004)
  • 『アメリカが語る民主主義』ミネルヴァ書房(2000)

翻訳、論文等[編集]

  • ジェイムズ・クリフォード,ジョージ・マーカス『文化を書く』春日直樹/足羽與志子/橋本和也/多和田裕司/西川麦子/和邇悦子共訳 紀伊国屋書店(1996/2019)
  • 「ファッション、宗教、美術館:メトロポリタン美術館特別展」『国立新美術館紀要No.5』(2018)
  • 「スリランカにおける仏教寺院壁画と現代の寓話」 『国立新美術館紀要No.3』(2016)
  • 「イメージを巡る比較と始原の探求について」(書評論文) 『国立新美術館紀要 No.2』(2015)

社会的活動[編集]

静岡県立大学グローバル地域研究センター・ガバナンス委員会委員、国立市男女共同参画社会調査委員会議長、国立市文化芸術条例策定委員会委員副議長、日本政府派遣スリランカ選挙監視団副団長[3]日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員、国立新美術館評議員[4]、ICOM日本委員会評議員、文部科学省教科用図書検定調査審議会委員[5]国際交流基金文化交流研究委員会委員[6]

脚注[編集]