足羽與志子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

足羽 與志子(あしわ よしこ、足羽 与志子1957年 - )は、日本文化人類学者スリランカの文化人類学的研究を専攻。一橋大学大学院社会学研究科教授。平和と和解の研究センター代表、ハーバード大学特任講師、コロンビア大学客員研究員等を歴任。

人物・経歴[編集]

静岡県静岡市出身[1]静岡雙葉高等学校を経て、1980年大阪大学人間科学部文化人類学専攻卒業。1981年一橋大学大学院社会学研究科社会人類学専攻修士課程入学。コロンボ大学シンハラ学部大学院留学を経て、1983年一橋大学大学院社会学研究科社会人類学専攻修士課程修了。ハーバード大学人類学部大学院留学を経て、1986年一橋大学大学院社会学研究科社会人類学専攻博士後期課程単位修得満期退学[2][3]。指導教官は長島信弘[4]

1986年神戸山手女子短期大学教養学科専任講師。1989年厦門大学人類学系・外文系客員教師。1991年から93年までハーバード大学人文科学研究科特任講師。1992年ハーバード大学人類学部客員研究員。1995年一橋大学社会学部助教授。1999年一橋大学大学院社会学研究科教授[5][2]。2007年からは吉田裕とともに、平和と和解の研究センター共同代表を務め、EMCコーポレーション世界情報遺産保護プロジェクト賞を受賞したデジタルアーカイブ化プロジェクトに参画[6]

この間、コロンビア大学客員研究員、コロンボ大学客員研究員[7]文部科学省教科用図書検定調査審議会臨時委員[8]日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員[9]国際交流基金文化交流研究委員会委員[10]トヨタ財団研究助成プログラム選考委員[11]等を歴任。スリランカ文化人類学的研究を専攻し、1994年には論文「ベラワーの民族誌 : 社会変化と経験世界」で一橋大学博士(社会学)[12]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ a b [2]一橋大学大学院社会学研究科
  3. ^ 「卒業生の声:進学状況」静岡雙葉高等学校・中学校(しずおかふたば)
  4. ^ 「昭和57年度 学位授与・単位修得論文一覧」一橋大学
  5. ^ [3]一橋大学
  6. ^ 「EMC、一橋大学に世界情報遺産保護プロジェクト賞を授与 」mynavi
  7. ^ 「足羽 與志子 教授」早稲田塾
  8. ^ [4]文部科学省
  9. ^ [5]
  10. ^ [6]
  11. ^ [7]
  12. ^ 一橋大学 , 博士 (社会学) , 乙第124号 , 1994-02-09