ジョージ・ワシントン大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
The George Washington University
George Washington University wordmark.svg
旧称 Columbian College[1]
Columbian University[2]
モットー ラテン語: Deus Nobis Fiducia
モットー (英語) God is Our Trust[3]
種別 Private
設立年 1821年2月9日 (200年前) (1821-02-09)
学術的提携関係 CUWMANAICUORAUSURA
資金 $1.78 billion (2019)[4]
学長 Thomas LeBlanc
プロヴォスト M. Brian Blake
教員数
2,663
学生総数 27,159 (2016)[5]
学部生 11,244 (2016)[5]
大学院生 15,486 (2016)[5]
その他の学生
429 (2016)[5]
所在地 United States
Washington, D.C.
キャンパス Urban (Foggy Bottom)
Suburban (Mount Vernon and Virginia campuses)
スクールカラー Buff and Blue[6]
   
ニックネーム Colonials
マスコット George,[7] Hippo (unofficial)
スポーツ関係の
提携関係・加盟団体
NCAA Division IA-10
公式サイト www.gwu.edu
テンプレートを表示

ジョージ・ワシントン大学The George Washington University, 略: GWU)は、コロンビアン・カレッジ (The Columbian College in the District of Columbia)として1821年設立されたアメリカ合衆国首都ワシントンD.C.にある私立総合大学である。

概説[編集]

Professor's Gate - GWU.JPG

キャンパスは、ワシントンD.C.の中心部にあり、ホワイトハウスから徒歩10分の場所にある。道を挟んで世界銀行国際通貨基金などの建物と隣接する。学生数は大学院生の方が多く、学部生が約10,000人であるのに対し、大学院生は約14,000人。「USニューズ&ワールド・レポート」誌の学部課程ランキングでは、毎年全国50位前後にランクされる難関校。ジョージタウン大学(同21位)、アメリカン大学(同71位)と並ぶ米国首都の大学である。

首都ワシントンという土地柄を反映して、政治学や国際関係学、公共政策学といった分野に非常に強い。2014年度、『フォーリン・ポリシー』誌の国際関係学における大学ランキングで、学部課程は世界8位、修士課程は世界7位、博士課程は世界18位にランクされた[8]全米研究評議会の博士課程ランキングでは、政治学において、全国7位にランクされた[9]

国際関係学の修士課程の教育は、実務系大学院である「エリオット国際関係大学院」で行われている。エリオット国際関係大学院には、学部・修士課程を合わせ約2,800人の学生が在籍しており、これは数多くある全米の国際関係大学院の中でも最大規模。国際関係大学院協会のメンバースクールで、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスパリ政治学院ジュネーブ高等開発研究所ベルリン自由大学シンガポール国立大学シドニー大学香港大学復旦大学ジャワハルラール・ネルー大学トルクァト・ディ・テラ大学サンタカタリーナ連邦大学などの数多くの世界の名門校と留学協定を結んでいる[10]

法学教育は、法科大学院である「ジョージワシントン大学ロースクール(en:George Washington University Law School)」で行われている。『USニューズ&ワールド・レポート』誌において、同ロースクールは毎年全米20位前後にランクされている。とりわけ、知的財産法プログラムと国際法プログラムの評価が非常に高く、2017年現在では、知的財産法プログラムが全米4位、国際法プログラムが全米7位にランクインしている[11]。国際法プログラムに関して言えば、国際司法裁判所(ICJ)の元判事であるen:Thomas Buergenthal教授や、国際連合国際法委員会委員を務めているSean D. Murphy教授、米州人権委員会(en:Inter-American Commission on Human Rights)の元委員(長)であり国際環境法の分野においても著名なDinah L. Shelton教授や、国際経済法分野で著名なen:Steve Charnovitz教授及びThomas J. Schoenbaum教授等が在籍している上、多様かつ充実した国際法関連のコースが用意されており、名実ともに全米トップクラスの国際法プログラムである[12]

ビジネススクールの学部課程(国際ビジネス)は、『USニューズ&ワールド・レポート』誌において全米10位にランクされ、MBAは全米65位である[13]

メディカルスクール(医学部)は、全米60位にランクされ、合格率は約3%(2013年度の合格率は、3.3%)の難関校。ちなみに、ロナルド・レーガン大統領(当時)が、搬送されたのも「ジョージワシントン大学医学部付属病院」であった。

卒業生は政界やシンクタンク、世銀や国連などの国際機関に進む者が多い。

歴史[編集]

1821年、「首都に国民が広く学べる大学を作りたい」というジョージ・ワシントンの遺志を継ぎ、連邦議会の認可に基づき設立された。1904年、大学名をコロンビアン・カレッジから、ジョージ・ワシントン大学に改めた。ロースクールは1826年に設立され、ワシントンD.C.の中で最も古いロースクールである。

主な卒業生[編集]

元アメリカ合衆国国務長官コリン・パウエル

組織[編集]

ランキング[編集]

UNDERGRADUATE PROGRAMS

  • Princeton Review, "Best 290 Business Schools" October 2007, 2nd Best Administered Business School
  • U.S. News & World Report, "America's Best Colleges" August 2012, 30th Undergraduate Business Program, 5th Undergraduate International Business Specialty
  • Business Week, "The Best Undergraduate B-Schools" April 2007, 53rd in the U.S.
  • Fortune Small Business Magazine, "America's Best Colleges for Entrepreneurs" Sept 2007, Best 24 Colleges for Double Majors, Women's Entrepreneurial Leadership Initiative

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ About the University: Overview”. University Bulletin. The George Washington University. 2017年3月18日閲覧。
  2. ^ Thomas, George (2014). The Founders and the Idea of a National University. Cambridge University Press. pp. 2–8; 31; 70–82. ISBN 978-1-316-03334-0. https://books.google.com/books?id=VborBQAAQBAJ&pg=PA2 2017年3月18日閲覧。 
  3. ^ University Traditions & Spirit”. The George Washington University Student & Academic Support Services. 2010年8月4日閲覧。
  4. ^ As of June 30, 2019. U.S. and Canadian 2019 NTSE Participating Institutions Listed by Fiscal Year 2019 Endowment Market Value, and Percentage Change in Market Value from FY18 to FY19 (Revised)”. National Association of College and University Business Officers and TIAA. 2020年4月22日閲覧。
  5. ^ a b c d The George Washington University Enrollment Dashboard”. The George Washington University Office of Institutional Research & Planning. 2016年8月29日閲覧。
  6. ^ GW Identity Guidelines. George Washington University. (August 1, 2012). https://creativeservices.gwu.edu/sites/creativeservices.gwu.edu/files/downloads/GW_Identity_Guidelines_v1-1_0.pdf 2015年10月11日閲覧。 
  7. ^ Nicknames and Mascots”. 2018年5月16日閲覧。
  8. ^ http://foreignpolicy.com/2015/02/03/top-twenty-five-schools-international-relations/
  9. ^ http://chronicle.com/article/NRC-Rankings-Overview-/124714/
  10. ^ http://elliott.gwu.edu/academics/grad/studyabroad/partners.cfm
  11. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/best-graduate-schools/top-business-schools/george-washington-university-01043
  12. ^ http://www.law.gwu.edu/Faculty/List.aspx
  13. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/best-graduate-schools/top-business-schools/george-washington-university-01043

外部リンク[編集]