丸亀うちわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

丸亀うちわ(まるがめうちわ)は、香川県丸亀市で生産される団扇である。

その起源には、3つのルーツがあるといわれている。

  1. 江戸時代1633年寛永10年)に、金毘羅大権現別当金光院の住職が考案したものと伝わる。渋うちわに「金」の文字印を入れて、金刀比羅宮参りの土産として全国に広がった。マダケを素材とした「男竹丸柄」で、柿渋を塗って作り上げた丈夫なものであった。
  2. 京極丸亀藩時代の天明年間(1781年1788年)に、丸亀藩士の内職として奨励され、製作の中心が「男竹丸柄」から「女竹丸柄」のうちわへと次第に移っていった。
  3. 明治に作り始めたという「男竹平柄」のうちわで、現在「丸亀うちわ」といえば、この「男竹平柄」が一般的である。

明治の中頃、丸亀団扇組合が結成され、代表的な地場産業に発展した。経済産業大臣指定の伝統工芸品であり、現在の全国うちわ生産量の約9割を占めている。

参考資料[編集]

関連項目[編集]