小堀邦夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小堀 邦夫(こほり くにお、1950年9月6日 - )は、日本の作家、靖國神社宮司。元伊勢神宮禰宜神社本庁参与。詩人作家

来歴[編集]

和歌山県生まれ。京都府立大学文学部卒業し、皇學館大学大学院国史学専攻修士課程國學院大學神道学専攻科修了[1]1977年より伊勢神宮に奉職

1997年には「Yayoi-replicater」(神宮の本質)と題してハーバード大学で講演。奉職の一方で、神宮祭祀・神宮制度史・式年遷宮制度史・神宮教学などを基本に、伊勢神宮から未来へのメッセージをテーマとして各地で講演している。

2018年(平成30年)3月1日より靖國神社宮司[2]

6月20日、靖国神社の定例会議で「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど、靖国神社は遠ざかっていくんだよ」「はっきり言えば、今上天皇は靖国神社を潰そうとしているんだよ」など今上天皇や皇太子夫妻を批判する発言を行った。一部週刊誌からの問い合わせに当初は発言どころか会への出席自体を否定していたが、上記の発言が音声データ付きで報道されたことをうけ、宮内庁に行き、陳謝するとともに退任の意向を伝えた。[3]

専門分野[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「精神文化としての祭り」伊勢神宮禰宜の小堀邦夫さん 産経新聞
  2. ^ 『靖国』752号、平成30年3月1日発行
  3. ^ “靖国神社、宮司退任へ=天皇批判発言で:時事ドットコム”. 時事ドットコム. https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101001060&g=ryl 2018年10月11日閲覧。 

出典[編集]

関連項目[編集]