小畑美稲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小畑 美稲(おばた うましね、1829年10月22日文政12年9月25日) - 1912年11月12日)は、幕末土佐藩士明治裁判官政治家元老院議官貴族院議員錦鶏間祗候正二位男爵。幼名・孫二郎または孫次郎。

経歴[編集]

土佐藩士・小畑美穂の長男として生まれる。奥宮慥斎から陽明学を学ぶ。土佐勤王党に加わり尊王攘夷運動を推進。文久3年(1863年)、土佐勤王党の獄により入獄した。

明治維新後に赦免され新政府に出仕。明治2年7月1869年)、弾正大巡察に就任。以後、弾正権少忠、司法大解部、司法少判事を歴任。

明治5年8月1872年)、茨城裁判所長に就任。以後、大阪裁判所長、長崎上等裁判所判事、京都裁判所長、大阪上等裁判所長心得、名古屋控訴裁判所長、宮城控訴裁判所長などを務めた。

1884年12月、元老院議官に就任。1890年9月29日、貴族院勅選議員に任じられ[1]、死去するまで在任。同年10月20日、錦鶏間祗候となる[2]1893年4月、香川県知事に就任し、1895年11月まで務めた。1896年6月5日、男爵を叙爵された[3]1906年4月1日、勲一等瑞宝章を受章。

栄典[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2182号、明治23年10月6日。
  2. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  3. ^ 『官報』第3880号、明治29年6月6日。
  4. ^ 『太政官日誌』 明治7年 第1-63号 コマ番号110
  5. ^ 『官報』第479号「賞勲叙任」1885年2月7日。
  6. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  7. ^ 『官報』第527号「賞勲叙任」1885年4月8日。
  8. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  9. ^ 『官報』第3753号「叙任及辞令」1896年1月4日。
  10. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
小畑(美稲)家初代
1896年 - 1912年
次代:
小畑大太郎