金子正則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金子 正則(かねこ まさのり、1907年3月29日 - 1996年10月21日)は、日本の政治家判事。6期24年の間、香川県知事を務めた。

生涯[編集]

1907年香川県丸亀市出身。香川県立丸亀中学校を経て1929年東京帝国大学法学部法律学科を卒業、司法官試補となる。1931年大阪地方裁判所および大阪区裁判所の判事に就き(兼任、以下同)、翌1932年旭川地方裁判所および旭川区裁判所の判事に転任。その後、1935年札幌地方裁判所および札幌区裁判所、1936年長野地方裁判所および長野区裁判所、1937年東京地方裁判所および東京区裁判所の判事を歴任している。

戦後、1946年に東京控訴院部長となって翌日付で退職し、郷里の丸亀市で弁護士を開業した。翌1947年に香川県副知事に就任。1950年に香川県知事選挙に出馬し、当選。6期24年にわたって知事を務めた。在任中は吉野川から香川用水を引き、香川医科大学(現・香川大学医学部)の開設を推進するなどした。1962年の3選時は全国の知事選で初の無投票で当選している。1963年全国知事会の副会長に就任。5選目の1966年8月の知事選挙と県議会選挙で公職選挙法違反で県議や高松市議が複数逮捕され、同年12月に社会党などから不信任決議案を提出・否決されている。7選を目指した1974年の選挙で野党各党の推す前川忠夫に敗れ、引退。

1976年に金子法律事務所を開業し、翌1977年勲一等瑞宝章を受章。1980年香川県名誉県民となる。1996年10月21日心不全のため89歳で逝去。

交友関係など[編集]

イサム・ノグチ猪熊弦一郎らの芸術家と交遊があり、1958年香川県庁舎(現・東館)建設にあたっては猪熊の助言で丹下健三に設計を任せ、壁画を猪熊が制作している。また、知事在任中に香川県文化会館香川県立丸亀高等学校武道館を設計した大江宏や、芦原義信浅田孝らの建築家とも交流があった。

県知事在職中、県の特産品として讃岐うどんのPRに率先して取り組んだことも知られている[1]

参考文献[編集]

  • 山本忠司、『"人の心を豊にするために"元香川県知事・金子正則先生の建築によせられた情念』 建築雑誌、Vol.111(1397)、P.89、1996年11月20日

脚注[編集]

  1. ^ うどん天国 空前ブームの深層(3)四国新聞2003年12月4日